日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

オリンパスはエライ!

c0156908_0143836.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM E-520+ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
このレンズは190グラムという軽さ。
なかなかよく写る。
焦点距離:14-42mm(35mm判換算 28-84mm相当)

c0156908_016312.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM E-520+ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6
これも小さな望遠レンズ。
重さ220グラム。
焦点距離:40-150mm(35mm判換算 80-300mm相当)

c0156908_018193.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM E-520+ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
このレンズは72mmという大口径だが小ぶりに作ってある。
重さ275グラム。
焦点距離:9-18mm(35mm判換算18-36mm相当)
超広角。
魚眼なみの広角なんだけど、ほとんど周辺が歪んだりしない。
思わず、「すっげー!」
値段は上記のカメラとレンズ2本を足したのと同じくらいなのだ。
しかもオリンパスのレンズは、SH、H、Sとグレードが三段階に分かれており、SHは20万円以上、Hは10万円以上、Sは10万円以下となっている。
松竹梅でいうと、ぼくの買ったのは梅クラスなのだが、梅でこれだけ写るのなら松はどんな写りをするのだろう。
因みにZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6は31000円。
ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6は37400円。
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6は71000円。
これは希望小売価格なので実売価格は2割以上は安く買える。
こんなに安くていいのだろうか。
キャノンやニコンは高すぎである。
ペンタックスでもこんなに安くはない。
いったいどうなってるんだろう。
不思議。
オリンパスはほんとうにエライ!
by bbking1031 | 2009-02-27 00:56 | カメラ小僧のトホホ日記 | Comments(0)