日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

壊れる

そういえば、マルグリット・デュラスに『壊れる』という小説があったような。
違う違う、『破壊しに、と彼女は言う』でした。
記憶というのは変質する。
単純化する。

ぼくもそうとう壊れてきた。
ただ自覚がない。
しかし、それと気づかされる事件やトラブルが次々と起こり、どうもそれらはすべて自分に起因しているようだ。
反省もするけど、どーにもならんものはどーにもならんので、他人の迷惑にならないような身の振り方も考えなくちゃね。

1月2月は毎年毎年碌なことがない。
乗り越えるのがとても大変。
ぼくは2月に死ぬと信じている。
それがいつの2月かは知らないけど、今年じゃないだろうな。
もう一回くらい春を見てみたいぜ。

ヨーロッパに一年の半分くらい滞在している知人が、
「パリの冬は長くて、春まで待ちきれなくて自殺する人が多いんだ」
とかいってた。
ルイ・マルの『鬼火』の季節はいつだったかなあ。

病気と闘っているのだが、もっとひどい状態でがんばっている闘病者もたっくさんいるんだから、ぼくなんか軽いものかもしれない。
仕事もさせてもらっている。
体が弱ると精神も脆弱になるようだ。
客商売だからそれがトラブルのもとになる。
原因はすべてぼくにある。
困った。

それでも少しずつよくなっている。
メーンのパソコンが壊れたので新しいパソコンの環境整備している。
XPで動いていたソフトが7で動かなかったり、写真のデータなどはバックアップが取ってあるから大ジョブ。
やばいな、バックアップとらないとなと思い、バックアップが終了するとほぼ同時にパソコンの電源が入らなくなる。
パソコンの寿命を感知できるんだね、きっと。

DELLの8を買った。
よくわからんぜ。
使いやすくするというのは、使いにくくするということでもある。
メモリ増設するのに一苦労。
なんでファンの下にソケットがあるんだ、バカ。
狭いし見えないし、指痛いし、ほとんど勘で行う作業。
でもやり遂げるんだぜ。
要は、やれると信じたことは成し遂げられるということである。

一年以上ほったらかしておいた運転免許証の住所変更は、更新と同時に文句もいわれずに終了。
スマホ(5インチ)についていたタッチペンをなくした。
アマゾンで200円のものを買った。
これがすごく使いやすい。
指で入力するとミスキーが多かったのだが、この先端がボニョボニョしている(肉球みたいな)タッチペンだとミスなしで打てる。
これはよろしい。

床屋にいった。
半年振りかなあ。
「どうします?」
「短くしてください」
なんだか前髪がうざいなあ。
というかとっくに前髪だか横髪だか分からなくなって、いわゆるバーコード状態なんだね。
こんな頭はもういいや。
「もうだいぶハゲてきたから短くいきましょう」
床屋のにいちゃん、苦笑している。
この人、けっこうハゲてるのね。
ということで、細君は、ぼくのことを「ともぞう」と呼ぶようになったね。
『ちびまるこちゃん』の爺さんだぜ。


c0156908_8161138.jpg
by bbking1031 | 2013-01-26 08:18 | 写真と日記 | Comments(0)