日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

herb,harvest

c0156908_22001579.jpg

「harvest」といえば二ール・ヤングで、ぺヤングも好きだけど。
まだニール・ヤングか、と笑われるくらい、子どもの頃からニールヤングが好き。
かれこれ50年近く、まだ聴いている。
佐渡おけさ並だな。
herb-herber-herbestという活用があるのかと思ったがたぶんない。


c0156908_22002677.jpg

なにが面白いのか分からないが、ぼくは正式に写真を習ったこともなく、いわゆる写真サークルにも興味がなく、だいたい徒党を組んでめんどくさいオヤジと行動を伴にするなどまっぴらご免。
理屈っぽいのがやだ。

c0156908_22004337.jpg

絵はよく見るので、それで好きな構図が決まってくるのかもしれない。

c0156908_22005502.jpg

c0156908_22011517.jpg

c0156908_22012530.jpg

コデマリみたいだね、といったら、コデマリだよと答える。


c0156908_22014641.jpg

これは、白いウツギだね、といったら、見りゃ分かるよ、だって。
天気いいね、といったら、そうでもないよ。
まあいっか。


c0156908_22020110.jpg

特に話すこともないのに、声に出さなくても話している。
同じものを見て、同じように感じなくてもいい。
石がひとつひとつみな違っているように。
心の池に落ちた小石の水音がみな、違う。
水琴窟の千の音。


c0156908_22021793.jpg

売り物の鉢が自然の草花に埋もれていく。
そんな窮屈なところには入りませんよ。
自由だ。
ぼくたちが求めていたのは自由じゃなかったか。
サルトルの「自由への道」は、あれはなんだったのかなあ。
自由は孤独で辛い気がするのだ。


c0156908_22022822.jpg




by bbking1031 | 2017-05-21 22:36 | 写真と日記 | Comments(0)