日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

神様お願いだ~



c0156908_22192062.jpg

TAKANOのフルーツゼリー。
丸いのはメロンです。
さすがにおいしい。
娘がくれた。


c0156908_22190767.jpg

珈琲と甘納豆は黄金コンビ、馬場と猪木ですね。
珈琲は、加藤くんがくれた谷中珈琲。
この珈琲が上品で爽やかな甘みとフルーツの香で大変けっこうでございます。


c0156908_22211245.jpg


人生の目的であり生きる希望であり天国の果実でもある枇杷の実。
房州枇杷でないのが残念ですが、そろそろ千葉でも出回っているそうで、楽しみ。


さて、我が家の神様。

c0156908_22184964.jpg


神様に説明はいりませんね。


c0156908_22183821.jpg

c0156908_22182928.jpg

掃除してたら懐かしいカメラがでてきた。


c0156908_22185893.jpg

Canon S200というカメラ。
いいカメラです。
いまどき映像素子がCCDです。
おっとりとした絵がでてきます。
撮ってみましょう。

c0156908_22195162.jpg


ドクダミと呼ばれることが多いですが、ぼくはジュウヤクと呼びます。
十薬と書くのかな。
腫れ物に葉を貼っておくと膿を吸い出してくれます。
お茶にもしますね。
雑草として躊躇なく刈られてしまいますが、残念。
臭いを嫌う人が多いですが、ぼくは嫌いではありません。
一輪挿しにして眺めてます。

c0156908_22210525.jpg

Canon S200。
ね。
なんともないでしょ。
この取り柄のない絵。

この花はたぶんヒメジオン。
ハルジオンとヒメジオンの違い。
ハルジオンは花弁がもっと細くて、茎を折ると中がからっぽ。
ヒメジオンは、花弁がはっきりしていて、茎を折ると中から汁がでる。
ハルジオンが先に咲いて、ヒメジオンが遅れて咲く。
今がちょうどハルジオンとヒメジオンが混在する時期ですね。
花の色はさまざまです。
白、ピンク、黄色、すこしずつ混じってたり、あまり人は気にかけませんが、ぼくは大変お気に入りの花でございます。



c0156908_22204956.jpg

喘息で咳ばかりしてたら、首も肩も腹筋まで痛くなって整骨院にいく。
Canon S200 を連れて行く。
この町はかつて米軍の町だったから、なんだかところどころに歓楽街風な一角がある。
昼間の歓楽街というのが好きなんです。


c0156908_22204186.jpg

c0156908_22205819.jpg

c0156908_22202643.jpg

要するに、ドアなんですよ。
これが最初ですべてなのだ。
どのドアを開けるかで運命が変わるのだ。
ドアの向こうに何が待っているのか。
それが問題だ。
c0156908_22202137.jpg

このドアの向こうには猛獣が身構えているに違いない。
たぶん腹をすかせたメスの、なんだか年季の入ったやつだろうな。
低い声で、「いらっしゃい」とか、咆哮するのだろう。
こわいね。

c0156908_22201553.jpg

c0156908_22200373.jpg

c0156908_22195730.jpg


いっときますが、ぼくはアルコールもカラオケも女子もたしなまないので、こういうところには参りません。

c0156908_23023217.jpg

「ここにごみを捨てないでください。
見つけたときは通報します」
というのが謎。
ごみを見つけたときには、まず、どこに通報するのか。
通報してどうなるのか。
DNA鑑定とかするのか。
なんか歯切れが悪いなあ、と思います。


by bbking1031 | 2017-05-24 23:25 | 写真と日記 | Comments(0)