日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2013年 01月 27日 ( 3 )

さあ

なんだか憑き物から放れていきつつあるような感じはしています。
じっと我慢していて動かないでいるより何か新しいことをしているほうが精神衛生によいようです。
無理はしないけど。
c0156908_2284577.jpg

そういえば春になると花が咲くのだな。
花が咲くと楽しくなるな。
それはとてもよいことだ。

今日もお外は寒いので、お買い物にちょっと出たくらい。
天草の叔母から有明海苔をたくさん贈ってもらったのでお礼の電話。
なんだかうれしくなったから、下の娘にメール。
「元気か?海苔あげるからおいで」
「お父さんからメールって珍しいね。サンキュー」
ついでに、姉にも長女のことでメール。
長女が来年の三月結婚するらしい。
相手は自衛官で福島に赴任するようで、長女もついていくということだ。
ふつうの親なら反対するのかな。
ぼくは、反対しない。
だれかがやらなくちゃいけないことをやるだけなんだ。
それは仕方のないことでしょ。
c0156908_22163387.jpg

by bbking1031 | 2013-01-27 22:17 | 写真と日記 | Comments(0)

失せもの出会え

世界一便利なカメラ、キヤノンIXY 410Fを失くした。
古い書類の山を整理していた。
シュレッダーかけたりね。
そしたら、書類の底のほうから出てきた、キヤノンIXY 410Fが。
ほんと不思議、なんでこんなところにあるんだろう。

無印のカッターナイフがよろしいのです。
ペラッペラで薄いのなんのって。
c0156908_6463217.jpg

こいつを失くした。
ほんと失せもの多い。
近所の無印は撤退してしまったし、無印のある町まで探しに行くのも面倒。
ネットで探したら、240円のカッターナイフに送料が525円かかる。
冗談じゃねーし。
アマゾンは100円でも200円でも送料タダだったりするしね。
アマゾンプライムの威力なのかなあ。
そしたら、ひょんなところにカッターちゃんが。
なんだそこにいたの。

ペンケースも失くした。
事務のお姉さんが見つけてくれた。

ということで、失くしたものが少しずつ戻ってくる感じです。
あ、髪は戻ってこないね。
それはしょうがない。

体のあちこちが悪いし体力ないし、それで不機嫌だったり根気やら集中力がない。
すると思いやりもなくなるので、もともとトラブルメーカーの素質十分なんだけど、今まで勘と運と鈍ですり抜けてきた。
それが、どうもうまくいかなくなったようです。
こうトラブル続きだと、しかも原因は全部自分にあるようで、困ったな。
ちょっと考えなくちゃ。
ストレスが男をダメにしますぜ、旦那。
by bbking1031 | 2013-01-27 07:01 | 写真と日記 | Comments(0)

真面目にやろう

c0156908_0503677.jpg

LIGHTROOM4を使ってみる。
じぇんじぇん分からん。
で、参考書を買ってみる。
明日読もう。
LIGHTROOM4で写真をいじろうと思ってもなにもできないので、PSE11を買ってみる。
ついでに参考書も買ってみる。
明日読もう。

写真の整理は『デジカメで同時プリント』というソフトをずーっと長いこと使ってきた。
たしか「9」を買ったはずなのだか見あらない。
部屋中くまなく探したが、ない。
「8」があるからこれでもいいかということでWindows7にインストールするも作業中にエラーしまくる。
使えない。
やっぱ「9」じゃないとなあ。
買うか。
ネットで探すが、「お取り扱いできません」ときた。
なんだなんだ、製造中止か。
うわーい、弱ったねぇ……と本棚に手を置いたら、そこに『デジカメで同時プリント9』のCDが。
なんじゃこりゃ。
ということで「9」をインストールしたら、まあぼちぼち動いてますな。

実は今日は大変な一日で、ぼくは進退窮まったのである。
しかし、切り抜けてはいないけれども、なんだかさっぱりした気分で、憑き物が落ちた感じである。
ぼくくらいの歳とキャリアになると、だれもなーんもいってくれないのね。
自分も自分が一番正しいと思っている。
それがいけない。
あやうく裸の王様のままでいるところだった。
批判や非難されることは実はたいそうありがたいことなのである。
とにかく皆さんに感謝。
そしてぼくは、さっぱりと生きていきたいです。
by bbking1031 | 2013-01-27 01:06 | 写真と日記 | Comments(0)