日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

雪降る朝の静けさの音

c0156908_11184565.jpg

PENTAX K10D+ DA55-300mmF4-5.8ED

天草の海老がおいしいといったら、長崎に住んでいる姪が生きた海老を贈ってくれた。
AKKOは生きた海老が触れないので、冷凍庫にいれて凍死させたんだそうだ。
「茹でたんだけどオガクズの味がして」
殻を全部取らないとかなあ。
今、殻を剥いた。
てんぷらを揚げている。
お昼のお弁当は天丼らしい。

お昼近く、雪はますます調子こいてきた。
やれやれ。
by bbking1031 | 2009-02-27 11:29 | 写真と日記 | Comments(0)

オリンパスはエライ!

c0156908_0143836.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM E-520+ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
このレンズは190グラムという軽さ。
なかなかよく写る。
焦点距離:14-42mm(35mm判換算 28-84mm相当)

c0156908_016312.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM E-520+ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6
これも小さな望遠レンズ。
重さ220グラム。
焦点距離:40-150mm(35mm判換算 80-300mm相当)

c0156908_018193.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM E-520+ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
このレンズは72mmという大口径だが小ぶりに作ってある。
重さ275グラム。
焦点距離:9-18mm(35mm判換算18-36mm相当)
超広角。
魚眼なみの広角なんだけど、ほとんど周辺が歪んだりしない。
思わず、「すっげー!」
値段は上記のカメラとレンズ2本を足したのと同じくらいなのだ。
しかもオリンパスのレンズは、SH、H、Sとグレードが三段階に分かれており、SHは20万円以上、Hは10万円以上、Sは10万円以下となっている。
松竹梅でいうと、ぼくの買ったのは梅クラスなのだが、梅でこれだけ写るのなら松はどんな写りをするのだろう。
因みにZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6は31000円。
ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6は37400円。
ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6は71000円。
これは希望小売価格なので実売価格は2割以上は安く買える。
こんなに安くていいのだろうか。
キャノンやニコンは高すぎである。
ペンタックスでもこんなに安くはない。
いったいどうなってるんだろう。
不思議。
オリンパスはほんとうにエライ!
by bbking1031 | 2009-02-27 00:56 | カメラ小僧のトホホ日記 | Comments(0)

オリンパスもいいなあ

c0156908_23381318.jpg


オリンパスE-520はまだ使い慣れてないので分からないことも多い。
レンズもペンタックスとはずいぶんテイストが違うみたい。
レンズもボディも軽くてピントももたつかないし、連射も速い。
ペンタックスのまったりした感じがない。
デザインについてもそう。
スポーツカーみたい。
今まではまったり写真を撮っていた。
ピントなんかいつまで迷ってくれてもよくて、まあじっくりやってくれみたいな鷹揚な気分で撮影してきた。
ペンタックスってなんだかゆったりしてて好きなのである。
のんびり楽しむカメラなんだね。

オリンパスの面白いところは、独特の設計思想にあるんだ。
フォーサーズというイメージセンサーサイズがもうコペ転である。
イメージセンサーが小さいのね。
c0156908_2359392.jpg

この頃のデジイチは35mmフルサイズがブームなのに一般的なAPSサイズより小さなイメージセンサーを採用している。
画質はどうかというとあんまりカンケーないのだ。
さらにマウント径を小さくしたマイクロフォーサーズまで発表した。
c0156908_0101021.jpg

野心的というか、なんか気合が入っているのである。
売れるものを作ろうというのではなく、カメラの革命を起こそうとしているところがキャノンたらニコンたらいうオールドスクールなメーカーと違うところだな。
ペンタックスのバカ正直な商売抜きのカメラ作りにも頭がさがるが、オリンパスの冒険心も尊敬に値する。
オリンパスのレンズ(ズイコー)は、「ズイコーに外れなし」といわれるくらいにいいらしい。
なんだか空気感が違うような(ほんとのとこ、この「空気感」ってよくわかんないんだけどね)。

*下の二つの画像はオリンパスおよびフォーサーズのサイトから勝手にいただいたので、関係者からのクレームがあればとっとと削除しますのでご連絡ください。
by bbking1031 | 2009-02-25 00:19 | カメラ小僧のトホホ日記 | Comments(0)

c0156908_1233858.jpg


この先になにがあるんだろう?
ぼくはなにを観るのだろう?
見たいものと
見たくないものしか
見えない

知らないものは知りえない
眼で見るのか
脳で見るのか

これはなんだろう?
見えないもののなかに
幽かに見えている
それは小さな事象
ちっぽけな砂粒のなかの
心の宇宙
by bbking1031 | 2009-02-24 01:30 | 写真と日記 | Comments(0)

戦いすんで日が暮れて

c0156908_122538.jpg


今年最初の大勝負。
勝ったか負けたかはそのうち分かるが、高い評価はいただけだ。
ということで満足できたかも。

オリンパスE-520はどうかな。
これからだね。
この写真はどうなんでしょう。
ぼくにはよく分からない。

c0156908_1291867.jpg

by bbking1031 | 2009-02-23 01:29 | 写真と日記 | Comments(2)

きたね

c0156908_072119.jpg


オリンパスE-520とレンズ3本が届いた。
ただいま充電中。
明日は仕事で撮影もするだろうが、慣れないカメラでは失敗も多いだろうからお預けだな。
というか2台持っていけばいいのか。

下の娘が3月にカナダに行く。
金くれというがあるわけない。
カメラを買う金はあってもな。
デジカメ貸せというので、しかたがない、NIKONを貸してあげよう。
元気にいって元気で帰ってこい。

c0156908_08887.jpg


変節について。
「この前いってたことと違うじゃないですか?」
「違って悪いか。」
「なんでこうコロコロいうことが変わるんですか?」
「知らん。
状況が変われば方針も変わる。」
つまりだね、初志なんぞ貫徹しなくていいのである。
だめだと思ったら方向を転換しなくてはいけない。
理想なんぞを貫いてちゃいけない。
そんなんでは生き抜いていけない。
ヤバイと思ったら正義も人情も根性も強情もさっさと捨てなくちゃね。
カッコつけてる場合じゃないのだ。
愚痴もいわんのだ。
そんな暇はないんですよ。
by bbking1031 | 2009-02-22 00:08 | 写真と日記 | Comments(3)

会えなかった

c0156908_0124358.jpg


このもやもやした気分は家人にはわからんらしい。
留守のときに届けにきたらしい。
とっととクロネコに電話してくれりゃあいいのに。
ほんと腹たつ。
すましてはいるが心中穏やかならぬものがあるのだ。
こら!
いいかげんにしろ!

ちょっとしたチョンボで来月の収入がとんでもなく少ないことになってしまった。
これが分かっていたらカメラなんか買わないのに。
正確にいうとカメラ1台とレンズ3本買ってしまった。
先に買っといてよかったともいえる。
まあね、どうにかなるよ。
気にしない気にしない。
by bbking1031 | 2009-02-21 00:20 | 写真と日記 | Comments(0)

山超え谷超えどこまでも

c0156908_23454496.jpg


Big Dogのおきゃんたまぶくろが咲いていた。
今年は暖かいんだ。
ベランダのローズマリーまで花をつけた。
そして明日の朝は雪が降るらしい。

もう本をまったく買わないのである。
以前は本代だけで毎月最低3万円くらいは使っていた。
今は暇もないからどこにもいかない。
洋服もユニクロでボタンダウンを買うくらい。
イオンでネクタイを数本買った。
好日山荘で靴下を一足。
人付き合いはまったくしない。
連れ合いと珈琲館にいったな。
お酒も飲まなくなったから飲み代とか終電乗り過ごしたときのタクシー代とかもかからない。
家もないからローンもない。
気楽なものだ。
だからさあ。
いいじゃん。
毎月カメラ買ってもさあ……という理屈は通らないのであるが、ぼくは、通すのである。

父は釣りが趣味だった。
日曜日は午前3時に叩き起こされて、寒風吹きすさぶ防波堤で釣りをさせられるのである。
ひとりでいけばいいじゃないかと思うのだが、父には逆らえない。
ぼくの釣り竿もリールもどんどん性能がよくなっていった。
父の釣り道具はもっと上等なものになっていった。
つまりぼくの釣り道具は父のお下がりなのである。
ぼくは釣りがうまくて、父はほんとうに下手だった。
父は釣りが好きで、ぼくはほんとうのところ釣りが嫌いなのである。
殺生がいやなのである。
それでも決まってぼくのほうが釣果で勝っていた。

バレンタインデイは、父の命日でもあるので、こんなことを書いてみた。
by bbking1031 | 2009-02-20 00:09 | 写真と日記 | Comments(0)

涅槃会

c0156908_10395774.jpg


2月14日は、キリスト教紀元269年に殉教した聖バレンティヌスの、いわば命日である。
この日は御菓子屋さんの音頭で日本国中盛り上がる。
「バレンタイン」は国民的行事である。
クリスマスもバレンタインデイも祝日にでもしたらどうかと思うが、そうしないのは日本人の意地なのかもしれない。
韓国ではキリスト生誕日もお釈迦さまのお誕生日も両方祝日なのである。

翌2月15日は涅槃会、釈迦入滅の日である。
面白いもので、キリスト教関連の行事のほうが有名になってしまった。
キリスト生誕の日であるクリスマスを祝うのである。
ほとんど異教徒である日本人が。
花祭は釈迦の生誕を祝う行事である。
花祭は4月8日である。
潅仏会(かんぶつえ)、降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)ともいう。

またその翌日は、あまり知られていないがぼくの生誕した日である。
隣国の将軍様のお誕生日でもある。
そして日蓮上人の生まれた日でもある。
だからどうだということでもありませんが。
by bbking1031 | 2009-02-19 11:28 | 写真と日記 | Comments(0)

お楽しみ

OLYNPUS E-520が欲しい。
ほんというとカメラは二の次で、レンズが欲しいのである。
残念ながらレンズだけ持っててもどうにもならない。
一番欲しいレンズは、ZUIKO ED 9-18mm F4.0-5.6というレンズなんだけど、くどいようだけど、こいつを使うにはカメラがいるのである。

もうひとつ欲しいレンズに、ZUIKO ED 40-150mm F4.0-5.6というのがある。
また、ZUIKO ED 14-42mm F3.5-5.6も欲しいレンズのひとつである。
いろいろ探し回った末、ボディ本体よりもレンズキットのほうがお買い得のようだ。

結論。
OLYNPUS E-520+Wズーム(ZUIKO ED 40-150mm F4.0-5.6、ZUIKO ED 14-42mm F3.5-5.6)キットがよろしいようである。
おいおいZUIKO ED 9-18mm F4.0-5.6も手に入れたい。

ああ、早くこないかなあ。

レンズ2本分の値段以下で、レンズ2本とカメラ本体が買えてしまうのである。
変な話だが、カメラのボディのみの値段よりレンズキットのほうが安いのである。
レンズ買ったらカメラがおまけでついてきたという感じ。

とにかく早く届かないかなあ。

なんだかもう買ってしまったような書き方をしているようだが、そのとおりなのである。
代引きだから家族のひく顔も見られるわけである。
くじけないのである。
by bbking1031 | 2009-02-19 01:51 | 日記 | Comments(0)