日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031

<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

K-xについて

なにはともあれ、ペンタックス K-xである。
超高感度ISO6400:
超高感度である。
手ブレなんぞは恐くない。
ISO3200くらいは許容範囲かもしれない。
夜景楽勝になりますね。
SR(ボディ内手ぶれ補正機能):
さらによく効くようである。
ハイライト補正とシャドー補正:
目いっぱいかけてみると、自然の風景ではよい感じなのだが、建物とか人工物なんかだと間が抜けた感じになるみたい。
とくにシャドー補正は、抑え気味がよいかも。
なんでも見えればいいというものではなくて、黒く潰したいものもある。
HDR撮影:
カメラ内でHDRに! なんてね。
HDRの楽しみは自分の好みに絵をいじることにあるので、人に(カメラに)作ってもらったってあんまりうれしくないのね。
ちょっと試してみましたが、太陽がいっぱいの日中の影のない風景なんか色あせた水彩画みたいになりますよ。
夜景とか神社仏閣なんかHDRの出番かもしれません。
レンズ収差補正:
これは欲しかった!
ズームレンズの広角側ははじっこが歪む。
倍率色収差もついてますね。
結構なことです。
c0156908_9594683.jpg

画質はすっきりしていて、フルボディという感じではない。
くどい「雅」の設定でこれくらいだからなかなかよろしいのではいでしょうか。
これくらい安くて高性能のカメラは他には見当たらないですね。
凄すぎです。
by bbking1031 | 2010-03-28 10:04 | カメラ小僧のトホホ日記 | Comments(0)

会いたい

c0156908_8563731.jpg

ああ、中華食いたい。
ないしょで食べちゃおっかな。

昨日は咳がひどくて眠れなかった。
病院いってこよっと。

c0156908_859024.jpg

ステーキもすてーきねえ。
これもないしょでなあ。

昨日、えへ、K-xがきてしまった。
なんでだ?
注文したからだが。
K-mと外見同じだし、黒買ったし、バレるわけない。
いっしょに並べといてもバレないだろう。
2台あったらバレちゃうか。
そりゃそうーだ。

c0156908_944996.jpg


病院いってきまーす。
by bbking1031 | 2010-03-27 09:05 | 写真と日記 | Comments(0)

雨上がりの朝に

c0156908_732581.jpg

朝。
墨を流したような空。
どこからか強烈な光が降り下りてきて森が光っている。
桜の林は枝枝にちいさな爆弾を無数につけている。
もうすぐだ、もうすこしだ、爆発するぞ。
光が翳って、そしてまたさーっと光が差した。
光は秒針に支配されている。
カラスが鳴いている。
みんなわくわくしている。
一日が始まる。
それだけのことで。
by bbking1031 | 2010-03-26 07:40 | 写真と日記 | Comments(1)

ナンダロウ系

「どう? この料理」
「そうね、香酢がほどよく効いてて、あっさりとしていて、んーと、なんだろう、江頭と出川の真中に子ども店長がいる? みたいな」
「よくわかんねーし」
というのはいちおう例ですが、この「なんだろう」とか「んーと、なんだろう」というのが気になるとゆーか、んーと、なんだろう、やっぱ気に入らないわけね。

いつぞやちょっとユーメーな人の講演会いったら、このオッサン、「なんだろう」を連発するのだ。
東大医学部をでて、エリート受験塾かなんかやってる人なんだが、ワリイけんど、いい大人が使うことばではないだろう。
だいたい変な勘違いオジサンって、東大卒に多くないですかね。
いっぱしの大人に聞かせる講演なのに、ほとんどタメグチである。
「だからね、なんだろう、脳は8分でフリーズするんだよね」とかですね、なんだろね、このエラソな態度。
オメーどんだけだよ。
とかいいながら名刺交換したら結構腰が低い人でした。

いつからこの「ナンダロウ系」が跋扈し始めたのかはしらん。
初めて聴いたのは今から20年くらい前ですよ。
とある私立高校のナイスな教頭さんがちらっと使っていた。
「かっこいいな」とは思ったが、ぼくは使わない。
「なんだろう」っていう考えてるようなポーズ、適切な言葉を慎重に選んでいるようなもったいぶった雰囲気がね、ウソくさいのである。
こういう人を「ナンダロウ系」と呼ぶことにする。
女子にもいたな。
プライド高かったね。
上司である女性に言葉遣いについて注意されて、
「なんであんな女にこんなこといわれなくちゃいけないわけ」とかいってさっさと会社辞めちゃったのであった。
この人、自分の学歴とか経験(一流上場会社元OL)とかさ、このおかげでいろいろ面倒を起こすのだろうね。
例えば自分よりレベルの低い大学卒の男とは付き合わないとかね。
収入ドンダケ以下はアウトとか、ハゲはもちろん、デブも歯槽膿漏もだめだろな。
痔持ちもだめだな。
地主はオッケーね。
でね、その彼女、そんなに可愛いわけじゃないのだ。
そうそう女の人で自分より弱っちい大学とか短大卒の上司を小バカにする人がいるなあ。
これ結構いますね。
「〇×短大しかでてない癖に、なんで◇*大卒のわたしがめちゃくちゃこき使われなくちゃいけないわけ?」っていってた。
これはほんとの話ですよ。
ぼくに愚痴ったんだから。
で、ぼくなんかハンパな大学しかでてないから、そうか、世間ってそーゆー感じなんだねって改めて知ったわけです。
初対面の女子社員が、「よろしく」とか簡単な挨拶したとたん、
「あなた大学どこ? わたしは△▼大だけど」
「え? わたしは〇×大です」
「……あ、そう。よろしくお願いします」
とかいってんの。
「わたしは△▼大だけど」といった彼女は、ほんとは「△▼短大」なんだけど、ウソついちゃってるわけだね。
いわれたほうは、「なんだ、△▼大? わたしのほうが勝ってるし」
この辺の心理戦ははたで聴いていても緊張するのであった。
ふたりともボコッてやりたいとも思いました。

小学生にこの「ナンダロウ系」がいたので驚いた。
でね、「その『なんだろう』はやめようぜ。
あのなー、『すし太郎』とか『スタミナ太郎』とかにしてくれない?」と頼んだのである。
で、具体例。
「近頃の政治、とくに民主党ってさあ、えーと、『すし太郎』、あんま、自民党とかわんないとゆーか、『桃太郎』、どんぶりこみたいな」

ども、失礼しました。
by bbking1031 | 2010-03-24 10:10 | 日記 | Comments(0)

長い散歩

ちょっとのつもりが、道に迷った。
3月とはいえ風は冷たく、コートを着てこなかったことを後悔した。
多摩川を見下ろすところまで歩いて引き返してきたのだが、道に迷う。
抜け道だと思っていくと、いいほど歩いてたいがい行き止まり。
無駄に疲れる。
いつ帰り着くのだろう。

川べりに古い団地があった。
ほぼ廃屋状態のスーパーもあった。
「ホモ牛乳」かあ。
どうすると牛乳がホモになるのか。
ホモ牛乳にはなにが入っていたのか。
飲むとホモになってしまうのか。
多くの都市伝説が生まれた……のかどうだかは知らん。
c0156908_8243654.jpg

バスの係留場。
道に迷ってこの光景にでくわすと萎える。
なんでか知りませんが、とにかくそう。
バスが休んでるんだね。
なんで走ってくれないんだよ。
ぼくをどこかに連れてってくれよってことかね。
c0156908_8325439.jpg

c0156908_8373486.jpg

c0156908_838468.jpg

しもた屋風の家が多い。
もはやなんの店だったのかも分からない。
c0156908_8382864.jpg

この音楽教室というのは……いまもやっているのかどうか。
c0156908_8423671.jpg

ここは迷うにはもってこいの町だ。
だいたいねえ、「抜けられます」とか「抜けられません」とかの看板が皆無なのである。
ほんとマジかよの世界。
by bbking1031 | 2010-03-22 08:46 | 写真と日記 | Comments(0)

さっと見、発見伝

c0156908_2224381.jpg
c0156908_22254257.jpg
c0156908_22255320.jpg
c0156908_22262523.jpg

c0156908_22272577.jpg
c0156908_22273985.jpg
c0156908_22275126.jpg
c0156908_2228645.jpg
c0156908_22281985.jpg
c0156908_22284899.jpg

Canon S90
by bbking1031 | 2010-03-21 22:31 | 写真と日記 | Comments(0)

能書はよろし

カメラ持ってね、自分が見たい風景を探しにいくわけだ。
絵描きさんってのも凄いね。
自分の見たい景色を描いちゃうんだもの。
彫刻家は、木とか石とかの中に、自分が見たい像を彫り出すんだよね。
偉いね。
音楽家もそうだね。
ただ音楽家がなにしたいんだかはよく分からん。

芸術家が魂を込めた作品が一般に認められるかどうかは知らない。
情報の問題もある。
知らないだけってこともある。
それにね、どんなに優れているとかいったって、不気味な絵は飾りたくないし欲しくもないよね。
そーゆーのってあんまり売れないでしょうね。
音楽もあんまり重たいのはなあ。
一日中ワーグナーとかヤだろうな。
ぼくだったら騒ぐな。
c0156908_1046045.jpg


高田渡の話でね、ああそうそう高田渡はもうこの世にいないんだよね。
なぎら健壱がフォーク終焉時期の話をしているのですが、
「音楽が耳障りのいいバックグラウンドミュージック主流になってフォークが廃れた」なんて感じのことをいっていましたよ。
こんなものはやり廃りでしょ。
飽きただけだと思うよ。
吉田拓郎に『 古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう』というレコードがあったな。
新しい水夫が古い船を動かせるものなかね。
このメッセージは人を惹きつけるかもしれないが、正しくない。
正しくなくても「メッセージ性」あればいいのか?
それがフォークかい?
という疑問がちょっと。
by bbking1031 | 2010-03-19 10:47 | 写真と日記 | Comments(0)
「花粉がきつくって。
目やにでまぶたがくっついちゃって朝なんか目が開かないの」
「ほんとほんと。
寝ててもね目が痛くてね。
目を開けてられないの」
「別に寝てるんだからいいじゃん」
「だね」

c0156908_874137.jpg

PENTAX K-m+SMC PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL

「お手ごろカメラ情報」なんちて。

パナソニックLUMIX DMC-G1K レンズキット
最安価格(税込):¥35,963
c0156908_8105090.jpg

ここまで安くなっちゃうと、もう理性が……。
パナソニックには魅力的なレンズがいくつかある。
マイクロフォーサーズのレンズに限っていうと、オリンパスよりかっこいいのだ。
しかし、カメラはオリンパスのほうが魅力的だ。
オリンパスには、このG1クラスのマイクロフォーサーズボディを作って欲しいものでR。
by bbking1031 | 2010-03-18 08:20 | 写真と日記 | Comments(0)

春の野の吉本隆明

花粉濃厚な大気であることは分かっているけれども、この天気でしょ。
3月も中旬だ。
野にでない理由はない。
「映画にいこう。シャーロック・ホームズを観よう。」と連れ合いはいうのだが、
「いやだ。シャーロック・ホームズは嫌いだ」
というわけで珈琲を淹れて、卵ドッグなんぞを作ってドライブだね。
先ずは毎年恒例のとあるお宅のお庭というか畑というか、鮮やかな色合いなのである。
c0156908_22354682.jpg

PENTAX K-m+SMC PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL
実はこの花畑は今年は今日で2回目である。
前回は、OLYMPUS E-520+ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6で撮ってみたのだが、なんだかもの足りないのである。
やはりペンタックスでないと、このコテコテ感がでない。
やっぱりペンタックスはいいなあ。

それから高麗神社へ。
珍しいことに銀色のペンタックス持ってる地味な兄貴がいるのだ。
それからなんと白いペンタックス持ってる地味な眼鏡のお姉さん。
ふたりの持ってるカメラはペンタックスのK-xだな。
もうひとりパナソニックのネオデジイチ持ってる女の人がいて、どうやらこの3人はお仲間らしい。
ぼくの推理ではペンタ同士は兄妹の関係だろう。
もうひとりのネオデジイチのご婦人は地味な兄貴の細君であると勝手に決めつけるのであった。
ペンタ持ってる人は地味な感じの人が多いかもね。
そんなことはどーでもいいから先ずお昼にしよう。
神社の境内もお寺も食事しにくいので駐車場の車の中で音楽聴きながら食べる。
さっきの地味3人組が地味な車に乗って駐車場をでていったのであった。

巾着田にいこう。
c0156908_23274882.jpg

PENTAX K-m+SMC PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL
ぼくは、この巾着田の環境保全のために年間1000万円の寄付、じゃなかった年間1000円の寄付をしておるものである。
会員であるによって無料駐車券を持っているのだが、駐車場に係りのものがおらんので使えないのである。
ふざけた話である。
野球場の駐車場に止めようとしたら、ジジイが、
「ここは駐車場じゃねーよ、駐車場はあっち。
ここに止めとくとすぐ入り口閉まっちゃうよ。」
「あとどのくらいで閉まるの?」
「あと1時間半くれえかな」
「じゃいいよ、すぐでるから」
てなこといって水車なんか撮ってると、
「だめだっていってんのによ、止めてやんの」とかいうのが聞こえる。
ケチなジジイどもだなあ。
野球なんかやってんじゃないよ、カメラやれカメラ。
ドラムとかバイオリンとかやれ。
石を彫れ。
運動ばっかやってんの。
健康命かよ、ゲージツとか教養とかに興味持てよ。
吉本隆明って読んだことあるかよ。
読んでみろ、吉本を!
なんかわけわかんないけどすごいぞ!
ということで夜のテレビ、「ビフォーアフター」の後で吉本隆明の講演を放送していた。

帰りがけにハーブ園に立ち寄る。
c0156908_23462121.jpg

PENTAX K10D+SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG
今日いちばん面白かったのはハーブ園のクロッカス。
かわいい。
枯れるとき、パタッと花ごと倒れるのだ。
すごいなあ。
なんだか分からんが、なんかすごいな、こいつ。
かわいいくせして潔いんだ。

しかし、ラベンダーアイス食べたら歯が痛くなるし、花粉の攻撃もきつい。
咳まででてくるし、なんだか肩や背中も痛い。
カメラ2台にレンズ4本持ってうろうろしてたら気分が悪くなった。
久しぶりに春に当たったみたい。
by bbking1031 | 2010-03-14 23:58 | 写真と日記 | Comments(2)

写ハガキ

雪降ったり解けたり、ぽかぽかだったりぶーるぶるだったりする三寒四温ってか、花粉に叩き起こされる日々。

このごろ、お客さんにL判の写真を200円程度の額に入れて差し上げている。
すごく喜んでいただけるのですよ。
あはは、やっぱ手作りがいいんだよね。

社内の鉄ちゃん(乗り鉄だな、この人)に日豊本線の駅の写真をあげた。
写真をあげるって楽しいですよ。
写真をハガキサイズに印刷していろんな人に送ろうと思ってます。

お楽しみに。

c0156908_11554859.jpg

by bbking1031 | 2010-03-12 11:56 | 写真と日記 | Comments(0)