日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031

<   2010年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

リア充

なんだか分からんので、ここで調べてみた。
なるほどね。
「リア充」って変な語感である。
気持ち悪い。
「真逆」もけっこう気持ち悪いのだが、慣れてきた。
そのうちなんだって慣れてくるだろう。

「リア充」って、あだち充が好きな人が、あだち充の描くマンガのキャラクターの生き方や雰囲気を真似ることをいうのだと思っていた。
違ってたね。

この手の情報に詳しい山猫くんに解説してもらった。
なんだか分かったような分からんような。

リアルな王様を「リア王」というのだな。
昔からあるんだね。
リアルな自動車を「リアカー」というのである。
昔は、「リヤカー」といっていた。
リア・ドナ・ディゾンというおなごもいるようだが、よく知らん。
c0156908_8314312.jpg

だいたいリアルってなんだ?
リアルでないものってなんだ?

ソーセージとか、「これ『リア肉』じゃねーし」とかいうのかな。
「リア友じゃありません」ってのが気になった。
なんじゃこりゃ。
どーも、ミクシなんかの、実際には会ったことない人で、いわゆるマイミク(これも気持ち悪いなー)のことらしい(ですか?)。
「あんたとはリア友じゃないし」っていわれるのって気分はよくないでしょうね。
「リア妻です」って紹介されたら、これはどーでしょね。
「リア妻」といえば、オリエント工業も気になるなあ。
あれ、リア妻にしてる人もいるんだろうね。
いっぺん見学にいきたいものだ。

オリエント工業気になる人は、こちらをどぞ(やめたほうがいいと思うけど)。
なぬ?
「さよなら」だと?

*ここまで書いてたらFire foxがダウンした。
全部消えたか?
ま、いっか、消えていいような文章だしな。
と思って気を取り直してブラウザを立ち上げたら、復旧しておるのだ。
どして?
by bbking1031 | 2010-08-31 08:32 | 写真と日記 | Comments(2)

頭脳の秋

8月が過ぎれば、否応なしに会社的には「秋」である。
だから、もう頭の中は秋になってないといけない。
夏の看板も下ろして秋の看板。
秋のチラシは作った。
さあ、いくぞって感じね。

緑色のレザーでできた細身で一眼レフカメラ用のショルダーストラップが欲しかったのである。
写真美術館でいいのを見つけて買ったんだけど、ちょっとなあ、カメラに取り付ける紐の部分が弱弱しくて、こりゃじゃあダメだ。
ストラップを一個おしゃかにして、丈夫な取り付け部分を調達。
さあ、自分でやるしかないか。
カシメとか、いろいろ東急ハンズいったりして。
会社の人にちょっとそんなことを話したら、
「革の加工なら私やりますよ」
「えっ!」
てなことで、タダで作ってもらっちゃった。
c0156908_22361693.jpg

すっごくうれしいです。

さて、ペンタックスの話題ですがな。
いよいよ9月20日に、K-5の発表があるそうじゃ。
K-7より進化しているわけでね、それはそれは楽しみなんだけど。
9月20日は、ちょいと入院することになっていて、たぶん生還できると思うけど、もしものことがあったらバイバイね。
K-5の詳細だけは知っておきたいものだ。

今はK-xにSIGMA8-16mmという超超広角レンズをつけ、K-mにPENTAX55-300mmをつけて、2丁拳銃で世界を眺めている。
でね、どっちの絵が好きかというと、断然K-mが出してくる絵がよいのである。
映像素子の違いがある。
K-xのCMOSとK-mのCCDの違いだと思える。
CCDのほうが自然な感じがする。
花なんかにはいいと思う。
CMOSは色も輪郭もきつい印象。

ついでにいうと、今日の写真はFinePix F70EXRで撮っている。
ね、これくらい撮れるならデジタル一眼なんていらないと思いません?
by bbking1031 | 2010-08-29 22:55 | 写真と日記 | Comments(0)

花と蝶

c0156908_817635.jpg

今日の朝日新聞、竹中直人さんの記事。
谷崎潤一郎の『痴人の愛』は最高でしたね。主人公の河合譲治がとにかく哀れ、笑っちゃうくらい哀れで……。

自分をひどく無能だと感じていた。
だから『痴人の愛』の譲治とか、漫画家つげ義春さんの作品にでてくるどうしようもない人物がたまらなくいとおしいんです。

月刊漫画雑誌「ガロ」などでつげ作品と出会い、以後、僕の中に深く染みこんで離れない。この寂寞感はなんだろうって、読むたびに思う。
そういう僕が、そのままの自分でいいんだよと言われたようでうれしくなっちゃった本が庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』(中央文庫)です。これは恋愛小説と同時に教養小説なんですが、僕にとっては「自分を丸ごと許容する」物語なんです。


ぼくと似たようなものだなあと感心してしまった。
『痴人の愛』みたいな、女にいいように振り回される話はイタリアとかフランスの文学ではよくあるのに、日本ではあまりなかった。
谷崎はえらいもんだ。
こんな情けない話をよく書いた。
ぼくは身につまされたね、他人事とは思えなかった。

つげ義春は、一番好きな漫画家なので、彼の作品だけは手放せない。
『無能の人』は、竹中直人さんの監督主演で映画化され、ベネチア国際映画祭で賞をもらっている。
とてもいい映画ですよ。
そ、文学だよね。
ああ、救いがないという救済。
by bbking1031 | 2010-08-29 08:49 | 写真と日記 | Comments(0)

ブログのタイトルを思わず「無題」としたくなる。
思考力が飽和している。
やっぱ暑いから外に出たくなくて、でも出ないとね。
SIGMA8-16mm F4.5-5.6 DC HSMをあまり使っていない。
というか、どう使っていいかもてあます。
出てくる絵もなんだかそっけないというか、まあ、ペンタのレンズじゃないからね、よくも悪くもシグマ的。
意を決して外へ出る。
c0156908_22545825.jpg

これがいいのか悪いのか、ぼくの茹でダコ頭ではよくわかりません。
c0156908_22575714.jpg

c0156908_22593899.jpg

夕焼けでも撮りにいこう。
青梅方面。
ああ、ついでに鰻食べちゃっと。
これはご内密にお願いします。
「なんか食べたの?」
「ノーコメントということで」
「鰻とか食べなかったでしょうね?」
「想像におまかせします」
「怪しいなあ」
「やめてくださいよ、ぼくたちただの友たちですから」
「なにいってんの?」
「ラブホで朝までゲームやってただけなんですから」
「そのほうがよっぽど異常じゃないの?」
c0156908_2344039.jpg

鰻できるまでポメラであそぼ。
お客はぼくひとりでした。
c0156908_2345385.jpg

c0156908_2351048.jpg

結局、6時過ぎから空が曇ってしまって夕日どころじゃなくなっちゃいました。
by bbking1031 | 2010-08-27 23:09 | 写真と日記 | Comments(4)

駐車場にて

軽自動車から降りてきた人がいた。
「あれ?」
「代車ですよ、代車」
「これにすれば」
「いやですよ」
「あんな子どものおもちゃみたいな車じゃなくて、これでいいじゃない。
燃費もいいし、大人だよね」
「かっこ悪いですよ。
軽から降りてくる自分の姿見てガッカリした」
いやいや、どの車から降りてこようが、自分の姿には終始がっかりするようなものだが。
そうか。
あのスポーツカーみたいなのに乗ってると、自分がかっこよく見えると思っている、ということなのだな。
そうか。
なるほど。

違うよ。
c0156908_8282683.jpg

by bbking1031 | 2010-08-26 08:25 | 写真と日記 | Comments(2)

蝉がうるさくて、合焦音(?)、あの「ピッ」ってやつが聞こえないのである。
K-xはインポーズがないからピントがきぴんとあってるかどうかよくわからんときがる。
まあ、ファインダーをしっかり見つめればいいのよね。

夏はどっこもいかなかったかわりに、じっと家にいて、困ったことにアマゾンにばかりでかけていた。
てぶらでは帰ってこないからしょうがないなあ。
一番小さくて大きな買い物はカメラのレンズだけど、こまこまと、本だのDVDだの、そうか、買い物ってのは楽しいものなんだな。
なんだ、この変な軽々しく薄っぺらな爽快感は。
買い物というのはストレス解消というか、娯楽なんだね。
昨日買ったもの。
スリッパ30足。
ひとつ150円だったから。
レジのぼんやりした兄ちゃんが、27000円とか打ちおって、
「おいおい、冗談はやめてくれ」
気の利く店のおねえさんがちゃんと処理してくれた。
だめだね、若いボーズは。
ボーッとしている。
女の人のほうが概して仕事が任せられる。
いいじゃん。
女子に働かせて、男はボーッとしていたいもんだ。
なに?
ぼくのこと?

c0156908_8191127.jpg

さかさまでもいいじゃないの。
by bbking1031 | 2010-08-25 08:21 | 写真と日記 | Comments(0)

今日も起きたよ

目が覚めると、朝になってて、生きてるんだ、ぼくは。
ということですから、身支度したり「田代」に乗ったり、田代というのはマッサージ座椅子。
田代マッサージということである。
ま、いろいろやんなきゃいかん。
めんどうだな。

花でも見てください。
c0156908_812625.jpg
c0156908_813263.jpg
c0156908_813973.jpg
c0156908_814616.jpg
c0156908_815214.jpg


これはおまけ。
こういう写真が好きだな。
c0156908_82597.jpg

by bbking1031 | 2010-08-24 08:03 | 写真と日記 | Comments(2)

秋風が隠れている

体調すこぶる悪し。
プチ早退してくる。

とにかく改源飲んで寝るしかない。

あ、一応、SIGMA 8-16mmの試写でもおひとついかがざんしょ。

c0156908_013147.jpg

by bbking1031 | 2010-08-24 00:02 | 写真と日記 | Comments(0)

もう夏が嫌いになった

ほんといいたくないけど。

あっついわ。

動くのもいやで、じっとしてた。
夏の湯たんぽみたい。

桑の葉茶をミルで粉砕して一日中飲んでたら、これ、利尿作用が強力みたい。
先日、デカプリ夫とケン・ワタナビのマトリックスみたいな映画を観にいったんだけど、3時間以上あるのね。
長過ぎです。
まだ終わんねーの?
上映前にトイレいったのに、我慢の限界は2時間くらいなんだ。
もう辛抱たまらず、「ちょっとすんません」。
ちょうどクライマックスのとこだったらしい。
この映画にクライマックスがあるのかどうかさえよく分からないんだけど。
プリ夫さんとワタナビの仲がよさそうで、そこんとこよかった。
評価:観なくていいな。
c0156908_22255771.jpg


注文していたシグマのレンズが届いたらちょっとお出かけしようと思っていたのに、夜になって届いた。
8-16mmという超広角レンズ。
家の中をちょっと撮ってみたんだけど、す、すごいです。
広すぎる!
面白いなあ。
作例はお楽しみに、ということで。
by bbking1031 | 2010-08-22 22:27 | 写真と日記 | Comments(2)

朝ごはん

c0156908_7232082.jpg

朝っぱら「散歩してくら」
「ちゃっちゃか歩くんだよ。
カメラ持ってくんじゃないよ」

カメラ持ってくし。

さすがにデーブは辛い。
こんなにきつい思いをしてるのね、デーブさんたち。

30分くらいで帰ってきた。
森の木陰は涼しくてどんじゃらほいでした。

今日は仕事が終わった後、今年初めてのバンドの練習。
ギター触るのも今年初めてだもんね。
公園のウクレレおじさんうまくなったなあ。
歌まで歌ってた。
たぶんあれ、松山ナントカって人の曲かなあ。
by bbking1031 | 2010-08-21 07:29 | 写真と日記 | Comments(0)