日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031

<   2011年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

花粉と腰痛の関係

最近はずっと、よくいえばインテリアデザイナー、有体に申し上げれば内装工事屋さんをやっていて、これが結構面白い。
ユニホームも買ったし、なんだか商売替えしたような気分。
今週は床磨きをやる。
床の張替えもやるか。
当分肉体労働で、これは気持ちがいいのである。
c0156908_22332176.jpg

今日も仕事だと思っていたら、お休みみたいで、実は腰が痛い。
ゆっくりしよう。
なんていいながら、部屋の掃除をしてて、重いテレビを一人で持ち上げたら、ちょっとトホホ状態。
長女が、
「体操しなよ。
アフリカのナントカって国の人は腰痛なんてないんだよ。
よく歩くからね」
「交通が不便なんだろな」
「歩かないんだったら体操するんだよ」
といって、腰によい運動を教えてくれて、ふたりで体を動かす。
歩くのがいいのは分かっておる。
しかしの、この花粉はどうだ。
クシャミでぎっくり腰になりそうですぜ。
ということで、一日中、一歩たりとも外にはでないのであった。
おかげで部屋は少し片付いた。
by bbking1031 | 2011-02-27 22:43 | 写真と日記 | Comments(0)

梅の公園

青梅市梅の公園にいかなくちゃ。
近くに住んでいるのに、まだいったことがない。
というか、梅の咲く頃は、一年で一番忙しいときだからしょうがない。
2月に休みはないのだ。
3月はどーでしょうかねー。
c0156908_0144183.jpg

クマちゃんが顔をだした。
この田舎町唯一の芸能人であるヨコチンといっしょ。
ヨコチンは薬屋のコマーシャルに出ているらしいが、知らん。
クマちゃんはすっかり巨漢になって、
「だれや、そこのデブ」
「クマです」
「つのだ★ひろみたい」
「おれ、ドラムやってるから光栄です」
「まだドラムやってるの?」
「今はギターっす」
てなことを話して、
「ブルースギター教えてくださいよ。」
よしよし、この田舎町で唯一のブルースギタリストが、てきとーにブルース教えてあげようね。
by bbking1031 | 2011-02-25 00:21 | 写真と日記 | Comments(0)

スズメ

江戸っ子のお洒落は黒と灰色と茶の組み合わせ。
つまり、スズメ。
渋いけど、春はちょっと。
もう少し明るくていい。

c0156908_1043248.jpg


ホント、理屈こく人が嫌いでね。
きみの理屈で世の中動いてないんだ。
自分の行動に理屈つけないと生きていけないというのも、窮屈だと思うんだ。
理屈や大義名分がないと動けないというのもどうだかなあ。
「好きだから」でいいんじゃないか?
だいたい「何々のため」という言葉が嫌い。
「世界平和のため」とかな、ウソこけ。
「健康のため」とかね、いいよ、ほっとけ、バカ。
「あなたのため」とかゆーのもウソ臭いよ。
好きなことやりゃいいんじゃないかな。
明日はないぜ。
by bbking1031 | 2011-02-24 10:15 | 写真と日記 | Comments(0)

シュルレアリスムと珈琲

つまらん人間がいるものだと思うが、いるんだからしょうがない。
自分がつまらん人間だという自覚がないのもしょうがない。
ぼくは、自覚してますよ。
自覚の仕方もいろいろ変わるけどね。
自覚変動という。

明日も朝からお仕事で、そう、革命のようなことをしている。
暗澹とはしていられないのだった。
今日できることは明日に回せない。
明日なんかないよ、という話をアジフライランチ(670円)を食べながら、まったり系の同僚にした。
彼は串カツランチを食べていた。
ぼくのおごりね。
c0156908_19304320.jpg

なんでぼくが変かというと、16歳のときにシュルレアリスムに没頭していたからだ。
なんて話をしてたら、小平駅前の本屋に『シュルレアリスム終わりなき革命』(酒井 健著 中公新書)という本があったので買った。
そういえば「シュルレアリスム展」やってるんだよね。
高校時代、ぼくの頭の中にアンドレ・ブルトンが居座っていた。
どうしてあんなに夢中だったのだろうということが、『シュルレアリスム』を読むことによって明らかになってゆく。
自分の精神史を読むような気分。
例によって永田珈琲によって、ちょっとこの本を読んでみる。
面白い。
珈琲もお代わりしちゃう。
そうそう、永田珈琲に入る前に床屋で髪を切ったのだ。
半年ぶりだ。
ああ、さっぱりするね。
珈琲もうまいし、本も面白いし。
気分がいいからこの店の珈琲豆を買って、家人に淹れてあげた。
by bbking1031 | 2011-02-20 19:31 | 写真と日記 | Comments(0)

未来は変わる

くよくよしないことだね。
他人のことも忖度しない。
余計なことは考えない。
なるべくなるべくシンプルに、分かりやすく。
c0156908_06950.jpg

のんびりしたいい月だ。
春が重く冷たい冬のドアを押しながら、ゆっくり。
きっとなにかが変わるだろう。

なにも変わらなかったら、ぼくが変わればいいだけのこと。
by bbking1031 | 2011-02-19 00:09 | 写真と日記 | Comments(0)

浮世如夢といふこと

墓碑銘を「浮世如夢」にした。
ブログを始めたころのこと。
何年も前の、両親をほぼ同時期に失ったころに、ぼくは、初めて考えた。
そして誓った。
悔いのないように生きよう。
今日したいことは今日やる。
明日はない。
人生なんて夢のようなものだが、儚い夢で終わらせてはいけない。
c0156908_1292635.jpg

もったいぶらないで直接触れてみる。
時間という川の流れは速い。
歳を重ねれば重ねるほど流れは急になる。
時間に身を投げて力いっぱい泳ぎきってやるんだ。
by bbking1031 | 2011-02-18 01:32 | 写真と日記 | Comments(2)

ジョンソンタウン

昨日、誕生日だった。
もひとつ齢を重ねた。
金正日と一回り違うということだ。
うれしくはない。
c0156908_8512522.jpg

公園を散歩した。
足取りが軽くなった。
ちょっと気分がいい。
公園の近くのジョンソンタウンを覗いてみた。
c0156908_852462.jpg

米粉で作るパン屋さんがある。
菓子パンがおもちみたい。
c0156908_8522268.jpg

アメリカハウスを再現して分譲やら賃貸やらしてる。
いまだに古いアメリカハウスに住んでいる人もいる。
この辺りに住むまでは、福生近辺にのんびりしたミュージシャンが住んでいるんだと思っていた。
細野晴臣さんはご近所に住んでたらしい。
c0156908_90851.jpg

でね、テナント募集とか、売りにでている家とがあるんですよ。
いやね、住んでみるとそれはそれでダメな人はダメでしょ。
ワーゲンの古いバンとかは似合うけど、家の中ではご飯と味噌汁だし、やっぱ畳が恋しいよね。
無理してアメリカっぽくしても、顔も体も日本人。
珈琲飲んでも、やっぱ狭山茶でしょ。
ベッドより布団だし。
自分の気持ちに素直に従って生きよう。
無理しないのね。
c0156908_915571.jpg

by bbking1031 | 2011-02-17 09:03 | 写真と日記 | Comments(2)

雪の降る街を

思い出だけが通り過ぎてゆく

のか。

c0156908_0554477.jpg


昨日の雪は往生しましたがな。
今日は穏やかだった。

明日は散歩しよう。
by bbking1031 | 2011-02-16 00:58 | 写真と日記 | Comments(2)

雪の夜のバカたち

日が落ちた辺りから雪。
ふーん。
なんていってるうちに、ドカドカと降ってきた。
「積もらないよね」
「そんなに寒くないし」

しばらくして、
「道路が白くなっている」
ドアが開いて、女の子が飛び込んでくる。
バレンタインのチョコレート持って。
いつまでも変わらないね、その笑顔。
お化粧もしないんだ。
どんどん若くなるね、なんてことをいってあげればよかった。
鎌倉の海棠は桜よりきれいだとかそんなどうでもいい話をし、ぼくは彼女にタンポポと花桃の写真をプレゼントした。
そして雪の中を帰っていった。
c0156908_044394.jpg

「ちょっと大変だから帰っていいでしょうか?」
「あなた、まだノーマルタイヤでしょ」
「そうなんです」
「てゆーか、遭難しますよ。
迷惑な話だ。
自己中にもほどがある。
道路の真ん中で立ち往生されたらほかの車が迷惑する。
あなたが困るのは勝手だがね」
なんてことを部下に注意する。
雪はますますひどくなって、ほんの少し仕事を切り上げた。
久しぶりの雪の山道。
おお、ビビルマン、ビビル2世がやってきたぜ。
あ~あ、いるよ、坂の途中で動けない乗用車。
ね、いったでしょ。
この人にはいってないか。

橋の真ん中で渋滞。
国道に出たところでトラック2台が道を塞いでいるのだ。
勘弁してくださいよ。
街に入ってからもデパートの裏の坂道で乗用車が4台、あっちこっち向いて停まっている。
みんななんだかえらそーな黒とか白のでかいセダン。
体格のいい首の太い頭でかいオニイサンたちが睨んでいる。
睨んでいるのではなくて、困惑してるんだね。
ああ、アッタマわりぃんじゃねーの。
ぼくは昨年の師走に入ってすぐスタッドレスに履き替えてます。
人に迷惑かけないようにね。
もちろん自分のためにも。
ぼくは運転下手ですから、このくらい用意周到でないといけません。
by bbking1031 | 2011-02-15 00:06 | 写真と日記 | Comments(4)

ああ、めんどうです

雪の後の公園はどうなっているのか、ちょっと見にいった。
c0156908_2353496.jpg

ふーん。

別に面白いものもなく、日曜日のせいか暴走ランニング族が多くて困る。
そんなにドタバタ走って何が面白い。
もっと静かに走らんか、ハイブリッド車みたいに。

お昼からずっと会議みたいなことやってて、パワポとか使ってデモみたいなのとか。

3人の若い衆にお説教。
本気度が足らんのやら自己中が強いのやら、なんだかめんどくさいのだが、しょうがない。
人間やってるのはめんどうなもんだから。
c0156908_01138.jpg

明日は2月14日。
例の日である。
親父の命日でもある。
親父を思い出す。
彼もめんどくさかっただろうな。
by bbking1031 | 2011-02-14 00:02 | 写真と日記 | Comments(0)