日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031

<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

もののあはれ

会社の倉庫を整理していたら、ぼくの「私物」がたくさんでてきた。
キャンプ用品です。
みんなでデイキャンプとかよくやってた時期があって、道具はぼくが揃えていたというだけなのだが。
まあ、私物なので自宅に持ち帰ったのはいいが、
「どこに置くのよ。ほんと困っちゃう。」
「うるさいな。バカ。ぼくが一番困ってるんだからそーゆーことゆーな」
折り畳みチェアが8つでしょ、ターフ(運動会で使うテントみたいなの)とか、テーブル、パラソルなんか。
「ブックオフみたいなのに売りに行こう」
フィットいっぱいに荷物を詰め込んでハードオフへ。
でね、「いくらになった?」
「900円」
「ん?」
「そんなもんだよ」
このブックオフの親戚みたいな店は、売りたい客ががっかりするようなしっかりした経営方針だよね。
がっかりしたくなったら迷わずブックオフだ。
間違いない。
古いテレビも持っていったんだけど、リサイクル費用のほかに手数料1000円とか。
高くないか?
近所のケーズデンキに持ち込んだら、手数料500円だった。
とにかく部屋も片付いたし、めでたしめでたしである。
c0156908_22221869.jpg

さて、今度はタイヤ交換。
2階からタイヤを四つ降ろして、フィットに積んで近所のスタンドへ。
さっきガソリン入れたばっかりなのに。
ここの社長とは心臓病仲間である。
お互い自分の調子が悪いことを自慢しあっている。
タイヤを交換してもらっている間、公園で写真でも撮ろう。
なんて思ってたら、携帯が鳴って、「ハードオフから電話で、計算ミスで後1100円払ってくれるんだって」
ふーん。
まあいいや、歩いて取りに行こう。
歩けば30分くらいの距離。
フィットを買ったホンダのすぐそばで、そうだ、さっき車でここ通った。
当分、このホンダに立ち寄る用事もないし、なんてことをその時は思ってたのだが、そうじゃなかったのだった。
ハードオフで1100円追加でお金もらった。
ハードオフって今まで来たことがなかったんだけど、面白いなあ。
価格破壊だよなあ。
ここまで破壊されると、物を作る意欲がなくなっちゃうのじゃないか。
CDとかDVDとか、アーチストさんはやりきれないだろう。
ところで、この「アーチストさん」といういい方って、ゲージツ家を小バカにしてませんかね。
ピカソは、「芸術家」あるいは「アーチスト」であって、断じて「アーチストさん」ではないだろう。
ぼくが「ゲージツ家」というのも、ちょいと小バカ調が入ってるかも。
それからまただらだらとした坂を今度は上ってスタンドまで。
なんか疲れた。
タイヤ交換は終わっていて、今度は家にタイヤを置きに帰らなくちゃ。
ちょっとだるいな。
で、いつものように家の前に車を停めようとしたんだ。
ほんといつものように。
そしたら、車のケツのほうがガリガリいって。
いやあ、珍しいな。
久しぶりに擦ったなあ。
それもひどい状態だ。
ちょっと疲れてますね。
それで、ああ、やっぱりホンダにいかなくちゃいけなくなって、車両保険かけてたからいいけど。
28万円だって。
ドア2枚交換だって、あはは。
「珍しいですね」と勝俣州和店長にいわれる。
修理に半月くらいかかることになって、代車を借りた。
懐かしい、最初のフィットじゃん。
というわけで、なんだかトホホな一日でした。
c0156908_22231336.jpg

そうそう、「もののあはれ」について書くつもりだった。
高3の女の子が卒業制作に「もののあはれ」をテーマに写真を撮るということになったといった。
この人、ゲージツ系の高校に通っています。
ぼくは彼女に何をしているかというと、大学入試のための古典を教えています。
でね、「『もののあはれ』ってなんですか?」
一応一般的な答え方をしておく。
「こんな写真を撮ったんですけど」
鞄から出してきたのは、A4サイズの淡い感じの女性のポートレート。
「スタジオで撮ったんですよ」
すごいね、ちゃんと写真の教育を受けている人の写真って、ちゃんとしてるんだ。
でもなあ、つまんないなあ。
「『もののあはれ』って感じがでてませんか?」
写っている女の子は、なんだか元気なさそうで、薄っぺらで。
「『もののあはれ』というよりも、『ものすごくあはれ』って感じだね」
それから、銀座で撮ったらどうだとか、「銀座行ったことないです」
川岸で水面がキラキラしているのがバックでボケてて、淡い新緑の中で佇んでいる絵とか。
こんなのどーだとかこんなのどーだとかいったら面白くなって、ぼくも女の子が撮りたくなった。
ぼくの「もののあはれ」はこんな感じ。
c0156908_22233354.jpg

by bbking1031 | 2011-04-29 22:33 | 写真と日記 | Comments(0)

もっぺんいこうかな

気になるお店があって、ちょっと立ち寄る。
c0156908_8204976.jpg

写真撮ってたら店の人が出て来る。
気まずい。
c0156908_8212198.jpg

店内は暗いです。
この頃、節電しているせいか暗いのっていいな。
明暗を楽しむ。
写真にとって闇は敵でもあり、友でもある。
なんちて。
c0156908_8232040.jpg

そうですよ、福島を応援するんだね。
いい店だ。
c0156908_824871.jpg

で、頼んだのだのがこのピザパイなんだけど、ふつうのピザの台じゃないくて、さくさくのパイ生地なんだ。
これもありかな。
c0156908_8264153.jpg

グラスもしゃれてるよ。
c0156908_827987.jpg

トイレの洗面所。
なんかディズニーみたいね。
c0156908_8275626.jpg

ピカソが飾ってある。
エロいね、ピカソ。
c0156908_8285919.jpg

うーん、なんかここのトイレはエロい。
だいたいトイレはエロである。
c0156908_8302115.jpg

c0156908_8312111.jpg
c0156908_8313929.jpg
c0156908_8315284.jpg

キリスト教会みたいなお店なんだけど、向かいに本物の教会があった。
因みにこの店の入り口の壁に、魔女が飛んでるし、ふざけかたに気合が入ってますね。
c0156908_832250.jpg

場所は、八王子の山野美容芸術短期大学のそばです。

使用したカメラ:富士フイルム FinePix F70EXR*うほっ、こんなに安くなってます……
by bbking1031 | 2011-04-29 08:42 | 写真と日記 | Comments(0)

ダイエットだし

風が強かった。
日差しも強かった。
桜は終わったはずなのに、花吹雪。
見えないところで咲いていたんだ。
c0156908_118258.jpg

小一時間ほど散歩。
しょうがない、散歩しろといわれているから。
甘いものは一切口にしない。
夕刻、軽く食事を採ったら、何も食べない。
食欲がなくなっていくから、だんだん自然に小食になっていく。
すごく痩せた、かというと、体重が2kgも落ちてない。
どうしてだろう?
隠れてラーメンでも食べているのではないかという疑念が湧いてくるのだが、反論する根拠を持たない。
せいぜいネクタイにラーメンの汁がかからないようにしないといけない。
この件についてはくれぐれも内密にお願いしたい。
by bbking1031 | 2011-04-27 11:08 | 写真と日記 | Comments(0)

アメリカハナミズキ

逝く春や。
今年の夏は平年並みが暑いらしい。
最近はなんだかちっとも暖かくならないなあと感じているのだが、ハナミズキが饒舌なアメリカ人にように開花している。
この花が咲くと、夏の匂いを感じます。
今年の夏はまとまって休みがとれないから、帰省を早めようかという算段。
景気はけっしてよくない。
でもね、今年をどうにか乗り越えれば、来年はよくなる。
止まない雨はない。
夜明けの来ない夜はない。
c0156908_7244013.jpg

by bbking1031 | 2011-04-26 07:25 | 写真と日記 | Comments(0)

逝く春や

日に日に緑が濃くなる気配。
写真に撮っておかなくちゃ、なんだけど、なかなかね。
日曜日も仕事で、それでもちょっとは早く終わったんだけど。
ああ、日が沈む。

c0156908_1149322.jpg

日本中、面白いことが何もないんじゃ気が滅入っちゃう。
こうゆう感じが日常的な精神のデフォルトにならないようにしなくちゃと思っている。
そうだ。
どこかに出かけないと。
by bbking1031 | 2011-04-25 11:52 | 写真と日記 | Comments(0)

桃源郷

心地のよろしい集落である。
明るいお寺がある。
c0156908_0183531.jpg

お地蔵さまに日が当たる。
c0156908_02035.jpg

花にも日が当たる。
c0156908_0205020.jpg

花咲く里には花咲く神社。
c0156908_0223937.jpg

ここも。
c0156908_02317100.jpg

もうちょっとぶらぶらしてみよう。
c0156908_0243515.jpg

お寺の裏山のほうへいってみる。
c0156908_0262914.jpg

うわっ!
なんだろう、あれ。
お稲荷さんだろね、きっと。
するとお稲荷さんの麓にはパン屋さんがありました。
c0156908_02822.jpg

c0156908_028999.jpg
c0156908_0281921.jpg

あまりにおいしそうなパンなのでたくさん買った。
いっておくが高かったのである。
子どもたちは大喜びでした。
ほんとにおいしいらしい。
しかし、ぼくは一口も食べてない。
そうだ。
本気のダイエットが始まったのである。
ううっ、苦しいというより、ひどく楽しくないものであるね。
by bbking1031 | 2011-04-19 00:32 | 写真と日記 | Comments(0)

青梅春爛漫

最近使っているカメラとレンズの構成:
ペンタックスK-5+ペンタックス「DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR」
ペンタックスK-r+シグマ8-16mm F4.5-5.6 DC HSM [ペンタックス用]
作例は、バッカみたいに広いのがK-r+シグマ8-16mm。
ふつうなのがK-5+ペンタックス18-135mm。
超広角からそこそこ望遠までカバーできているのでほぼ理想的な撮影環境である。
不満はない。
不満がないから、家にごろごろしているかつての「愛人たち」の多くを叩き売った。
カメラ3台、レンズは、6本くらいかなあ。
オークションとかにだすのは面倒くさそうなので、amazonで売った。
まだカメラもレンズも多少残っている。
全部売り払うにはちょっと未練がある。
心変わりしそうだから。
心変わりのひとつに、映像素子の違いがある。
K-5とK-rの映像素子は高感度にめっぽう強いCMOSというイメージセンサ。
CMOSが主流になりつつありますが、CMOSがでてくるまではCCDというやつで、家に生き残っているペンタックスK-10DのイメージセンサがCCD。
このカメラはとても気に入っている。
CCDのどこがいいかというと、一言でいうと絵が柔らかい。
滋味がある。
例えればCMOSは淀様。
CCDは寧々様。
どっちがいいかというと、どっちもいい。

てなことで、今日はシグマ8-16mmと、ペンタックス55-300mm、定番のペンタックス16-45mmの三本で春の野に出てみよう。
カメラはK-5とK-r。

c0156908_2225365.jpg

最初に撮ったのがこの写真。
「信号写真」ですが、これが朝の9時30分くらい。
帰りに、4時くらいかな、また通ったんだけど、ポリさんがいました。
車このまんまだった。
どうしたんだろね?
c0156908_2295687.jpg

青梅方面に出かけてみた。
すっごく面白かった。
オシッコしたくなって「青梅きもの博物館」に寄ってみた。
ここがすごく良くて、ここの館長さん(83歳)と意気投合。
一緒に仕事しましょうみたいなことになってしまった。
詳しいことはそのうち書くでしょうが、ここは穴場ですね。
歴史に興味ない人はムリですけど。
c0156908_22101822.jpg

c0156908_2222135.jpg

それから「青梅きもの博物館」の裏山に登って、左に行くと「梅の公園」があるじゃん!
しかし、見事に梅は終わっていて、ちょっと荒涼とした感もある。
人も10人もいない。
3月11日以来、客足がぴたっと止まってしまったのだそうだ。
だーれもこないんだって。
c0156908_22242551.jpg

ちょっとした山登りみたいになって、いつもそうだなあ。
階段があると登ってみたくなるし、小高い丘があるとてっぺんにいってみたくなる。
息を切らせながら、ほんとに息が切れて、ああ、こんなとこで遭難するのか。
やめときゃよかったと思うのは毎度のこと。
どうにか頂上までたどり着いたら、頂上の東屋には寝袋にもぐって寝ているおっちゃんがいた。
気持ちいいだろうなあ。
ということで、別の東屋でぼくも横になってみた。
気持ちいいねえ。
c0156908_22303825.jpg

c0156908_22305016.jpg
c0156908_22305987.jpg
c0156908_22311166.jpg
c0156908_22312074.jpg

この後もぶらぶらひとりドライブをしていた。
いろいろ発見もあった。
それはまたのお楽しみ。
今日の一番のお気に入りの写真はこれです。
お気に召しますかしら。
c0156908_22365017.jpg

by bbking1031 | 2011-04-17 22:38 | 写真と日記 | Comments(0)
どうも政情不安な時節、日本列島も落ち着かないし、ホント気分がぐらぐらしてます。
こーゆーときににょきにょきと生えてくる、雑草みたいな連中、いわゆる占い師みたいなの。
チャネリング系とか仏教系、神道系とか。
神智学系とか。
なんでもいいけど。みんなインチキ。
断言する。
神様なんていません。
先祖を敬うというのは大事というのもよくわからないが、それでも墓参りにはいきますね。
これはなんだか自然だからいいか。
神社仏閣に立ち寄れば必ずお参りをします。
手も合わせれば拍手も打つ。
それはそれこれはこれです。
地震の占いというのがどーもね。
地震速報のほうが当たるでしょ。
地震のメカニズムは解明されていないようですが、地震の研究も進んではきているので、占い師よりは当たるような気がします。
大きな地震が起こった後の1年か2年の間、それと似たような規模の大地震が起こることが分かっている。
予想もつかない場所で起こる。
だってさ、地下がどうなってるかなんて本当のところよく分からんのじゃないかなあ。
占い屋さんとしては絶好の餌食なわけ。
信じやすい人っているよね。
惑星直列がどうのとか。
惑星直列で地球の引力がどうにかなるというのは分からんでもないけど、だから隕石が降るとか、地震が起こる、戦争が起こる、果ては離婚が多くなるとか、カンケーないだろ。

インチキ占い師一覧でも貼っておきましょう。
c0156908_9441522.jpg

ついでに船井幸雄とか、ずいぶんインチキ扱いされてます。
なんかいいことゆー人、信用できません。
いいことしかいわないんだから。
口だけじゃねーか。
いいこといえばそれでいいのか。
あの手の本も読みません。
やる気にさせるとかゆー本も輩も受け付けません。
なんか知らん人のことばでやる気がでたりでなかったりってね、そのために映画や小説があるんだと思ってます。
音楽も、そう、芸術は人の心を慰めるためにある。
芸術があればいいんだよね。
訳のわからんインチキくさいおっさんやおばちゃんの言説に感動なんかしちゃいかんぜよ。
もっと音楽聴けよ、ね。
by bbking1031 | 2011-04-16 09:53 | 写真と日記 | Comments(2)

肥満

糖尿病生活2日目。
さすがに甘いものは食べてません。
いやいや考えてみればテキトーな食生活であった。
珈琲と煙草と大量のチョコレートを毎日摂取していたのだ、白状すると。
煙草止めてからは、菓子パンの国で放蕩三昧であった。
羊羹も甘納豆も、ロールケーキもおいしいよね。
ああ、甘い生活よ、バイビー。
甘いの食べないとストレス溜まりそうなのだが、ストレスだってよくないし、これはジレンマだ。
c0156908_854249.jpg

原発もジレンマでできている技術である。
原発で電気を作るには、原発の原子炉を冷やすための電気がいるわけね。
また、原発冷やすために水が必要なのだが、循環機能が壊れているために水が流れっぱなしになっている。
海洋汚染(土壌汚染だってするだろ)を避けるためには水を止めなくちゃいけないけど、そうすると原子炉が危ない。
なんだか幼稚な技術。
だいたい原子炉で発生した熱で水を沸騰させてタービンを回す(これは沸騰型だっけ)というのは、早い話が蒸気機関なわけで、なんだか新しくないのよね。
軽水炉っていうのはウィキ見てください。
チェルノブイリなんて原子炉の回りを黒炭でカバーするなんて気が狂ってるのかね。
そりゃあよく燃えるでしょうね。
c0156908_8544238.jpg

身体のエイジングが急速に進んでいる現在、こいつを食い止めるためにはそうとうな努力が必要なのだが、ああ、努力というのがきらい。
「がんばる」なんてもっといや。
「歯を食いしばる」なんてしたくない。
自然がいいんだ。
煙草止める方法だって、がんばらなくたって簡単なものだ。
吸わなきゃいいんだもの。
甘いものだってね、食べなきゃいいだけじゃん。
と、自己暗示をかけるのだが、うまくいくかどうか。
by bbking1031 | 2011-04-15 09:00 | 写真と日記 | Comments(0)

花便り

近所の公園の桜が見ごろになったので、デジイチ抱えたぼくみたいなのがうろうろ、花に夢中の中高年。
山桜を撮ってたら、
「この花はなんですか?」
と訊ねてきた中高年。
「山桜です」
と答えるぼく、中高年。
「葉っぱと花がいっしょにでるのね」
なんていってる中高年の複数形。

うす紅に 葉はいち早く もえいでて 咲かむとすなり 山ざくら花
                                若山牧水
この歌はいいなあ。
c0156908_8205961.jpg

by bbking1031 | 2011-04-14 08:24 | 写真と日記 | Comments(0)