日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夏のおわり

早朝から
蝉が
はげしく
さようならさようなら

鳴いている

草むらには秋の花

夏の死が
蝉のかたちして
落ちてくる
by bbking1031 | 2012-08-29 06:36 | | Comments(0)

羽田モノレール

c0156908_033417.jpg

c0156908_0331968.jpg

羽田から浜松町までモノレールを利用するのだが、景色がよろしい。
写真撮らないわけにはいかないでしょう。
c0156908_0333890.jpg

c0156908_0351792.jpg
c0156908_0352358.jpg
c0156908_0352939.jpg
c0156908_0353586.jpg
c0156908_0354134.jpg
c0156908_0354830.jpg
c0156908_0355570.jpg
c0156908_036155.jpg

by bbking1031 | 2012-08-27 00:36 | 写真と日記 | Comments(0)

災難

ひとことでいえば、ひどい目にあったのである。
とても書けることではないので、知りたい人はメールちょうだい。
返事をするかどうかは別問題ですけどね。

災難にあったら業が落ちたと思え、という言葉が横浜線乗ってたら目についた。
そういうことね、ほっとしよう。
c0156908_2159881.jpg

怒鳴りこんできた人がいてさ。
それがね、ぜんぜん怖くないの。
ヤンキーなおっちゃんなんだけど、なんだかビビラナイわたしがいて、なんでだろうなあ?
と自問自答していた。
なんだこのチンピラくらいにしか思ってないのね。
ほんとに怖い人は怖いよ、それは知ってる。

なんでかなあ。
相手の弱いところがよく見えるのですよ。
わーっ、強がっちゃってるとか。
それが相手を舐めてるように見えるらしい。
舐めてますよ、十分。
by bbking1031 | 2012-08-25 22:05 | 写真と日記 | Comments(0)

天草夕景

毎日こんなんだから、地元の人にとっては珍しくないようで眺める人はないようだ。
夕日を見るだけで天草にきた甲斐がある。
いつかゆっくり天草のいろんなところで夕焼けを見てみたい。
天草夕陽八景」もごらんください。

c0156908_6465014.jpg
c0156908_647510.jpg
c0156908_6471653.jpg
c0156908_6473340.jpg
c0156908_6475527.jpg
c0156908_6482690.jpg

by bbking1031 | 2012-08-19 06:51 | 写真と日記 | Comments(0)

墓参

c0156908_19372961.jpg

c0156908_19374986.jpg

c0156908_1938810.jpg

母方の墓所にいくには山を登らなくてはいけない。
これは大変です。
建長寺の奥の半僧坊よりもきつい。
でもだいじょうぶ、モンベルのトレッキングスティック(2本セット)持ってきたもんね。
山の上の墓地には従兄弟やら名前もよくわからん甥やら姪やらわんさかいた。
c0156908_19382712.jpg

自分ちの墓参りがあるので、一足お先に山を降りて、従姉妹に車で送ってもらう。
港の堤防に停めた車を走らせたのはいいが、防波堤の出口のところに車が駐車していて出られない。
数百メートルをバックして戻らなくてはならない。
狭い防波堤なので、簡単に海に落ちますよ、ルンルン。
ぼくが運転することになって、久しぶりにバックバックバック。
なかなかスリリングでした。
c0156908_19391562.jpg

盂蘭盆会のテーマは墓参と先祖供養である。
お盆は日本のハロウィンである。
死者が蘇えってまた帰っていくのかなあ。
死者がちょっと里帰りする感じだね。
海からきて海に帰る。
西方浄土。
迎え提灯と迎えの膳があって、15日は送り提灯と送りの膳のようなのがあるみたい。
あまり男は手をださないから知らないけど、いろいろ作法があるようです。
初盆だと精霊船を出すのだが、これは宗派によって、そんなのカンケーねー宗派もある。
送りのための供物を流さなくちゃいけないことになって、小ぶりのダンボールに詰めて夜の波止場にいく。
星がすごいなあ。
星明りで海がきらきら光っている。
というのはちょっと大げさだけど、星がとても大きくて近くに見える。
明日はもう帰るんだ。
c0156908_1940283.jpg
c0156908_19401431.jpg
c0156908_19404294.jpg

天草空港からこんな小さな飛行機に乗って福岡まで飛ぶのであった。
c0156908_19425292.jpg

天草には天草四郎がいっぱいいるんだよね。
一人くらい伊東四郎にしてほしいね。
調べてみたら「伊東四郎」さんはお亡くなりになったらしい。
伊東四朗さんはコメディアン。
生きてますね。
伊東四郎さんは、元プロ野球選手だそうです。
知らんけど。
c0156908_19471526.jpg

福岡のサロンパス。
c0156908_19474220.jpg

一路羽田へ。
バイバイ九州。
また会おう。
by bbking1031 | 2012-08-18 19:52 | 写真と日記 | Comments(0)

天草(牛深)散歩

明日から仕事。
今年は例年より1日多い夏休みとなった。
その分どっかで出勤することになっていたようだけど、あんまり気にしない。
仕事あるだけありがたい、とか殊勝なことがいえる人間になったかなあ。
プチ疑問ですけど。
c0156908_10265469.jpg

朝食がすばらしいといえる熊本のホテルで朝を迎えた。
このホテル安いしね、とてもいいね。

これから延々とバスの旅である。
バスを乗り換えたりして5時間かかった。
以前娘といっしょにきたときは7時間くらいかかった。
もう楽しくないのである。
仕方がないのだ、天草の最南端の町へいくのだから、船があればそれがいちばんだと思うのだけど。
c0156908_1031115.jpg

お盆ですから、なにするわけでもなく、特に男というか、ぼくは暇である。
ごろごろしている。
だれも文句いわない。
何しろともいわれない。
無塩カゴメトマトジュースを飲んでラジオ体操(テレビ体操)するだけ。
c0156908_10334697.jpg

散歩することにした。
街歩きですな。
c0156908_10352953.jpg
c0156908_10353618.jpg
c0156908_10354328.jpg
c0156908_10355172.jpg
c0156908_10355828.jpg
c0156908_10361183.jpg

c0156908_10372873.jpg
c0156908_10374224.jpg
c0156908_10375336.jpg
c0156908_1038087.jpg

路地基本。
三叉路では狭いほうの道をいくというきまり。
車でもそれをするから、時々たいへん辛いことになります。
歩くのはいい。
戻るのも簡単だから。
c0156908_1038678.jpg
c0156908_10382486.jpg
c0156908_10383175.jpg
c0156908_10383849.jpg
c0156908_10384530.jpg
c0156908_10385243.jpg
c0156908_10385963.jpg
c0156908_1039543.jpg

いい感じになってきたなあ。
道なんだか人の庭なんだか区別がつかない。
この辺あいまいなんですかね。
c0156908_1046130.jpg

ぼくのかすかな記憶では、この辺りに住んでいたことがある。
c0156908_1047146.jpg
c0156908_10471667.jpg

しかし、廃屋になって久しいようだ。
記憶も廃れていく。
年老いた叔母にこの写真を見せた。
ちょっとショックだったかもしれない。
ごめんなさい。
c0156908_10484172.jpg
c0156908_10485443.jpg
c0156908_10485988.jpg
c0156908_1049597.jpg
c0156908_1049117.jpg
c0156908_10491753.jpg
c0156908_10492552.jpg

c0156908_1050321.jpg
c0156908_10504865.jpg

この猫がひじょうに剣呑な表情で睨むのである。
この道は通させないんだな。
c0156908_10523252.jpg
c0156908_10524497.jpg
c0156908_10525012.jpg
c0156908_1053392.jpg
c0156908_1053985.jpg
c0156908_105314100.jpg
c0156908_10532092.jpg
c0156908_10532672.jpg
c0156908_10533315.jpg
c0156908_10544991.jpg
c0156908_10545698.jpg
c0156908_1055258.jpg
c0156908_1055812.jpg
c0156908_10551926.jpg
c0156908_10553447.jpg

こうして一日が終わっていくのであった。
ここは天草市牛深町でした。
by bbking1031 | 2012-08-18 10:59 | 写真と日記 | Comments(0)

街歩き 熊本

どこか知らない街にいって、ただぶらぶらするのだった。
熊本はまったく知らない街というわけではないけれど、なかなか異邦人な結構な気分で歩く。
しかし、暑いぜ兄弟。
c0156908_18292349.jpg
c0156908_18293044.jpg
c0156908_18293974.jpg

c0156908_18301243.jpg

ぶらぶらするのはよいけれど、帰り道だけはしっかり確認しておく必要がある。
適当にふらふら歩いてたから宿にたどりつくのに難義をした。
汗びっしょりになりました。
c0156908_1833128.jpg

c0156908_18333117.jpg

c0156908_18335153.jpg

カメラはオリンパスを2台(OLYMPUS PEN mini E-PM1、PEN Lite E-PL2)。
体力がなくなった。
もう重いカメラは無理ですね。
c0156908_18392547.jpg

とりわけなんということもないスナップでございます。
c0156908_18401737.jpg

どこを歩いているのかさっぱり分からない。
c0156908_18405785.jpg

なんかにぎやかそうなんでいってみる。
ヒトの習性に従ってみる。
c0156908_1842428.jpg

路地がある。
入ってみろということだ。
c0156908_1843098.jpg

c0156908_18432682.jpg
c0156908_18434282.jpg

なんかかっこいい店だな。
c0156908_18441734.jpg

入ってみよう。
c0156908_18444246.jpg

本屋だね。
変な本ばっか置いてある。
自分ちの本棚みたい。
こんな店に居ると本が読みたくなるなあ。
隣の雑貨屋さんとつながっている、というか同じ人が経営しているようです。
c0156908_18473773.jpg

c0156908_1848091.jpg

雑貨屋さんはレストランにもなっていて、とりあえず珈琲ください。
今日は初めての珈琲だね。
ほっとするね。
c0156908_1849249.jpg

c0156908_18494933.jpg

それから日が暮れるまで、もうぶらぶらにもほどがあるくらい歩き倒した。
適当な中華料理なんか食べた。
熊本の街はなかなかおしゃれである。
横浜みたいな、いいセンスしてますね。
雑貨がよろしい。
東京の真似とかじゃないよね。
これがよか! という気合が感じられる。
楽しい街ですねえ。
お城もあるし。
c0156908_18553429.jpg

c0156908_1855506.jpg
c0156908_18561040.jpg
c0156908_18562540.jpg
c0156908_18563582.jpg
c0156908_18564591.jpg

c0156908_1857650.jpg

日が暮れてきた。
c0156908_1857198.jpg

c0156908_18575973.jpg
c0156908_1858645.jpg

うう……帰り道が分からない。
この後、数時間、知らない街を自分たちの宿を探してうんざりするくらい歩き回ることになる。
いつものことじゃん、と我がパートナーは呆れているのだった。
by bbking1031 | 2012-08-17 19:05 | 写真と日記 | Comments(0)

どっちが帰省だか

やっと帰ってきた。
池袋までくるとほっとする。
地下通路をJRから西武線まで歩くと、帰ってきた気分になる。
田舎ってなんだろう。

c0156908_1823471.jpg

by bbking1031 | 2012-08-16 19:52 | 写真と日記 | Comments(0)

田舎に帰る。
海に帰る。
昨年叔父がふたり他界した。
墓は山の上で、登るのに難儀した。
山登りの途中で炭酸のきついサイダーを飲んだときみたいに胸が締めつけられて足が止まった。
今年はどうだろう。
ということで、モンベルの登山用スティック(2本)を持っていこうかなあ。

細君が髪を切るというので美容院まで車で送った。
いつもの森で写真を撮って暇を潰す。
なんて暑いんだろう。
花も咲いてないし、池には蓮が咲いてたけど。
髪切ったから迎えにこいという電話があり、車で迎えにいったら、また携帯にかかってきた。
「はい、なあに?……あ、どうも」
BOSSからの電話であった、あは。

お昼どうしようということになり、また丸亀製麺にいくことにした。
また電話。
今度はパワフル先生。
今月はこれだけ仕事をしたという自慢というか報告というか。
70近くでこれだけ仕事をする人が身近にいるというのが、ぼくにとって励みになります。
まだまだ今のジジイに負けられん。
若いもんなんかに負けるわけないね。
c0156908_19101520.jpg

男子のサッカーもちょっとはましになってきたようだけど、あのゴール前のパス回しはなんじゃろか。
「名アシストになりたい」じゃねーよ。
お前蹴れよ。
「いつでもお手伝いしますから」じゃなくてさ、おめー中心になってやれよ。
もっとしゃしゃりでろよな。
責任から逃げまくるんだね、今の若造。
こいつらには負けないでしょ。
負けるわけないじゃん。
いざとなったら頼れる男になれよ。
ここ一番で倒れる男がね、けっこういるんです。
最悪なのが肝心な本番で遅刻するやつ。
潜在意識のなかで逃げのウイルスが働くんだろうなあ。

娘が「今までの人生でいちばんおいしいといえるチーズケーキ」ということなので、そのケーキを買いにいく。
ついでに他のケーキも。
うん、このケーキ屋さんは、すっごい!
菓子工房 モカマロです。
by bbking1031 | 2012-08-11 19:11 | 写真と日記 | Comments(0)

夏休み

わーい!
今日仕事終わったら夏休みだい。
阿蘇に宿をとったら、なんだか交通機関があやしい。
経験したこともない豪雨で被災地の様相。
阿蘇の町も大水害に見舞われたし、阿蘇山自体も崖崩れなど傷跡が痛々しい。
あきらめて熊本市内に宿を予約した。
それから天草の最南端までいくのだが、それがなかなかめんどうな旅程である。
c0156908_7304528.jpg

朝夕涼しい。
扇風機もいらない。
蝉はわんわん鳴いている。
今年はポロシャツをたくさん買った。
麦わら帽子もふたつ買った。
持ってゆくカメラとレンズを選ぶのが旅の楽しみです。
by bbking1031 | 2012-08-10 07:33 | 写真と日記 | Comments(0)