日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

星野珈琲

昨年の秋も深い頃、つまり冬ですね、森林公園の紅葉を見に行った帰り道に星野珈琲を見つけた。
その次の週も森林公園に行き、カエデの紅葉を思う存分写真に収めた。
その日の帰りも星野珈琲に立ち寄った。
珈琲がなかなかおいしいのです。

近所にできたので行ってみた。
c0156908_105059100.jpg

c0156908_1051141.jpg

コメダ珈琲より珈琲はおいしい。
ホームページに珈琲の淹れ方なんかが書いてあって、なるほど、熱湯で淹れてはいかんのか。
ペーパーフィルターに湯をかけてはいかん。
最後まで落としきってはいかん。
なんてことは知らんかった。
さっそくお家で実行してみると、なるほど、味がやわらかになりますね。
ありがとうございます。

星野珈琲の帰り道には花畑がたくさん。
c0156908_1056057.jpg

c0156908_10561686.jpg

珈琲飲んで花を見てくるという散歩はなかなかよろしい。

久しぶりにパソコンのメールチェックをした。
スパムまるけですなあ。
その中の一件にアマゾンから「売れたからとっとと送らんかい」というメールがあった。
音楽録音用の機材なんだけど、リサイクル屋さんに持っていったら、XP用は売れないということで引き取ってくれない。
突っ返されたものを、売れなくて元々だし、アマゾンに出品したら売れたんですね。
8月のことだからかれこれ3ヶ月近くになるでしょう。
そりゃ忘れますよ。
1万円で売れたのでした。
めでたしめでたし。
レンズの修理代がでたのがうれしい。
by bbking1031 | 2013-10-31 11:05 | 写真と日記 | Comments(0)
ペンタックスでいちばんのレンズはSMC PENTAX-DA ズーム 16-45mm F4 ED ALである、ということにしておく。
ところが、たまに持ち出すとなんだかピントが甘い。
他のレンズに比べてハズレが多い。
なんでだろうなあ。
ちょっと見てもらいましょうということで、リコーイメージングスクエア新宿で見てもらうことにした。
c0156908_21135073.jpg

場所は、分かりにくいですよ。
工学院大学の隣、新宿センタービルの吹き抜けの地下一階の上みたいな微妙なところ。
c0156908_21141050.jpg

結構広いし、今日は混んでいました。
みんなファームアップに来ているみたい。
c0156908_21143163.jpg

修理まで2時間。
新宿西口で珈琲飲んだりお昼食べてたりすれば2時間くらいはなんてことない。
結果、ピントのズレはレンズがガタガタしているから。
修理に1万3000円ほど。
このレンズ、ディスコンですから新品買うわけにはいかない。
レンズだけ2週間入院ということになった。
一緒に持っていったK-5は、ファームアップと微調整とゴミ取りなんかをやってもらって調子がよくなった、かどうかは試してないから分からない。
カメラの調整とかクリーニングとかは無料なんですよ。
ここはペンタ党にとっては気持ちが和む桃源郷みたいなところですね。
by bbking1031 | 2013-10-27 21:14 | 写真と日記 | Comments(0)

山茶花とマクロレンズ

久しぶりに、「歩こうよ」というので、そうしましょう。
ごついカメラ持っていくと怒られるので、小さいやつ。
OLYMPUS PEN mini E-PM2がいいね。
レンズは、M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro。
花とか草とか撮るならこれでしょ。
マイクロフォーサーズはマクロレンズが少ないですから、このレンズは貴重。
レンズの力ってすごい。

白い山茶花がとてもよい感じなので、しつこく撮ってみる。
よい写真を撮るこつは、よい写真が撮れるまで撮り続けることでしょうかね。
c0156908_0555171.jpg

こういう写真はダメらしいのです。
蕊(しべ)にピントが合ってないとダメらしいのですが、そうかなあ。
ぼくは花びらが撮りたかったのですよ。
この白い山茶花の雲母のような薄氷のような透明感がいいと思ったのです。
c0156908_058337.jpg

ほっこりしたこういうのもいいなあ。
ピンクがきれいでした。
c0156908_10923.jpg

これがふつうな感じ。
よくある写真。
c0156908_105567.jpg

マクロといえばこういうのね。
ぼくは下手だなあ。
by bbking1031 | 2013-10-26 01:03 | 写真と日記 | Comments(0)
気になるなら行ってみる。
でしょ?
鎌倉だし。
で、行ってきました。

鎌倉の人出は相変わらずのもの。
もう一年以上来てないのだそうです。
そうだっけ?
去年は行かなかったか。
そして、今年はほとんど病気してたから。

久しぶりで、とにかく鎌倉にいる、鎌倉の町を歩いているというだけで無性にうれしい。
いろいろ回りたいのでバスで浄明寺まで。
ここでたいていの人が降ります。
人気の報国寺(竹寺)があるし、杉本寺とか。
ぼくらはまっすぐ浄妙寺へ。
境内を抜けて裏山の墓地脇の明るい坂道を登ると、息が切れますね。
登りつめると、「石窯ガーデンテラス」。
すっごい数の入店を待ってる人たち。
だめだこりゃ。
見晴らしのよい境内のベンチで池袋のコンビニで買ったおにぎりを食べる。
おいしいよね、ほんとおいしい。
五目釜飯と半焼きタラコのおにぎり。
タラコきらいなのになぜだか買ってしまう。
だっておいしそうです。
タラコをおいしいと感じる人がうらやましいので食べてみる。
やっぱ、ぼくには無理な食べ物なんだけど、タラコが好きなんだと自己暗示をかけて食べてみる。
成功はしていない。
c0156908_19404153.jpg

ペンタックスK5とタムロンマクロ90mmを連れていきました。
花とか苔とか撮るにはこの組み合わせがベストでしょう。
スナップは無理なので、オリンパスPM2+オリンパス14-150mmも一緒。
軽いのがいいですね。

浄妙寺をさっさと出て、珈琲飲みたい。
店はいろいろありますが、なかなか入る気分にはならない。
狭いでしょ。
それに珈琲おいしいかなあ。
小町通りの「ミルクホール」がおいしいのですが、タバコ臭くて無理。
鎌倉宮の近くの「茜草屋」に入る。
年配のご夫婦の店で、鎌倉らしいそっけなさ。
きらいじゃないです。
珈琲はとてもおいしい。
ここは贔屓にしてもいいな。

いつものように豆大福を食べて、すぐ食べるといったらお茶だしてくれた。
ここのおばちゃんの愛想のないことといったら鎌倉一かな。
きらいじゃないよ、愛想のないのって。

大して歩いてもいないのに疲れてしまって3時過ぎには帰りの電車に乗っている。
夕刻の混み具合は殺人的だろうから早く退散するに如くはないが、それにしても鎌倉滞在3時間ほどである。
最短というわけでもないよ。
by bbking1031 | 2013-10-14 20:00 | 写真と日記 | Comments(0)

不眠症

眠るのにも体力がいるんだ、とかいってる。
疲れ切って泥のように眠っている人も、また体力使っているわけか。
それではぜんぜん疲れがとれないじゃないか。
とかいっても、起きればすっきりしてたりして。
寝たきりの人って体力あるってことか。

ぼくは、3時から4時の間にたいてい目が覚める。
というか体はとても眠いのに頭が起きちゃうのである。
とりあえずトイレにいくのだが、あまりおしっこがでないときもあって、夜中に目覚めるのはあながち尿意だけの問題ではない。
なんだろ?
まあ、謎である。
c0156908_23574847.jpg

原宿とか表参道とかいう、なんともけったいな街を歩いた。
しょうもない街だぜ。
c0156908_0175658.jpg

この街の存在意義はなんであるか?
少なくともぼくには縁もゆかりも魅力も魔力もないわけだ。
ふざけた街だ。
なかなかふざけ方にも深みがある。
渋谷の軽薄さとはちょっと違っている。
金がかかっている風でもある。
c0156908_0211719.jpg

c0156908_02141100.jpg

ゲージツっぽいところもある。
とりあえず写真は撮りやすい。
撮れば絵になる。
c0156908_023172.jpg

すっかりお上りさんですなあ。
日本人ではなさそうなアジア人がパチャパチャ写真撮ってました。
c0156908_0245487.jpg

c0156908_0251426.jpg

撮り出したらきりがない。
c0156908_0254063.jpg

こんなとこでやめとくか。
でも、もういっちょ。
c0156908_0262572.jpg
c0156908_0261478.jpg

今日はこんなところで勘弁してやらあ、とか生意気なこといってます。
失礼しました。
by bbking1031 | 2013-10-12 00:28 | 写真と日記 | Comments(0)

c0156908_2319621.jpg
c0156908_23185820.jpg
c0156908_2318506.jpg
c0156908_23183969.jpg
c0156908_23183017.jpg

根津美術館は庭がすごいことになっています。
ここが東京の繁華な場所にあるとは到底思えません。
by bbking1031 | 2013-10-07 23:22 | 写真と日記 | Comments(0)

ラーメン

5年も前に書いた
そう、詩を書かなくちゃ。

昨日、高校3年生の作文をずたずたに赤ペンで血祭りにあげたが、彼は真摯に受け止めてアドバイスを求めてきた。
女子だとたいてい泣く。
作文を直されると泣きたくなるね。
ぼくに作文指導された年配の女性は、「トラウマになった」と抗議してきた。
心してぼくに近づくがよい。
自分とまっすぐ向き合ってないのだ。
心の鏡に写った自分の本性を正視したまえ。

話変わって、ラーメン。
東京にはとんこつがないと直子はいふ。
そうですね、博多ラーメンとか、違うぜ。
ちゃんぽんなんか、まったくダメですね、東京は。
どこが違うかというと、ずばり、塩入れすぎなんですね。
関東はしょっぱいぜ。
その中でも『哲麵』はえらい。
安いしうまい。
『初代哲麵』がよろしい。
他はちょっと、なんだか分からないけど違う。
「うすめ、あっさり、やわらかめ」を頼む。
「こいめ、こってり、バリカタ」を頼む人が多いから、ぼくなんかは変なやつなんだろう。
店員さんもぼくのこと覚えてくれて、
「お客さん、やわですよね」
とか、いう。
他人から「お前、やわだよな」とかいわれるのはちょっと腹が立つのである。
c0156908_7125237.jpg

by bbking1031 | 2013-10-05 07:13 | 写真と日記 | Comments(0)

日記

旦那さんが亡くなって、日記がでてきた。
そこには、奥さんに対する感謝とかいたわりのことばが書かれていて、奥さんに対する愛情とかも十分伝わってくるわけですが、生前、この人、奥さんに対してやさしいことばなんかぜんぜん発したこともない。
「今さら日記でそんなこと知ってもね。
ずいぶんつれない人だと思ってたし、私も彼にはきついこといってたから、そんなにやさしい気持ちがあったのならことばや態度で示してくれたらよかったのに。
もっと私だってやさしくしてあげられたのに、もう今さら何もしてあげられないじゃないか。
ほんとに頭にくるわ」
c0156908_9431241.jpg

by bbking1031 | 2013-10-03 09:42 | 写真と日記 | Comments(0)