日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

いつもの朝に

朝6時。
お寺の鐘が鳴っている。
あれはきっとだれかがお寺の鐘の音の真似をしているだけなんだろう。

変わったこと。
広い家でもないのに、娘たちがいなくなったのでなんだかがらんとしている。
娘の白い部屋に簡素な黒いベッドがぽつんとあるだけ。

バンド仲間だったドラマーの急死。
ぼくより10歳以上若いのではなかったか。
無常である。
毎日、心のどこかで彼の明るいドラムを聴きながら、ギターを弾いている。
だんだんギターが楽しくなってきた。

やっと鎌倉にいってきた。
花の季節も終わりに近い。
著莪と花水木、藤の花も咲いていた。

ゴミの分別について。
資源ゴミとしてリサイクルされるのは2%くらいらしく、結局、燃やしているそうです。
分別しても結局燃やすので、分別しないと1キロ20円程度のコストが分別すると80円くらいになるとか。
コンビニ袋をやめると、余計にビニール袋を買ってゴミを捨てることになり、ビニール袋のほうが原料も高価で量も必要になるということです。
コンビニ袋のほうが安く原料も少なくてすむとか。

原発事故の時の鼻血の話。
あれは本当のことのようです。
風評被害とかいいますが、本当のことを知ることが大切。
本当のことをいうと農産物魚介類が売れなくなるからでしょうけど、それは風評ではないでしょ。
事実を風評といっちゃうのはどうでしょうね。

そういう福島の、除染し終わったばかりの町に娘は引っ越したわけなので、ものすごく心配。
そこで子ども育てたりするのか。
地面に触ることもできないとは。
土ぼこりが舞い上がらない町なのか。
雨水が山の土を運ばないとでもいうのか。
覚悟のいる生活だろう。
危険な土地で危険を意識しないで生きるというのはストレスだろうと思われる。
チェルノブイリで暮らすよりも危険ではないかという感じもしている。
とても心配。
by bbking1031 | 2014-05-16 06:31 | 日記 | Comments(0)