日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

かかってこーいみたいな

どっかのスットコドッコイが喧嘩売ってきたので買うことにした。
正面切って喧嘩売ってくるタイプじゃなくて、陰でこそこそ根回しをするタイプ。
こういうやつは、肝が据わってないから、肉を切らせて骨を斬るタイプじゃないから、どうやって戦うかなあ。
おいこら、いいかげんにせーよお!
とか脅かせば終わりなんだけど、それじゃつまらんので、じわじわいこうっと。
どうせ、勝手にボロだすんだよね。
ぼくはそんなことないです。
最初からボロでてるから。
c0156908_23381237.jpg

by bbking1031 | 2015-05-22 23:38 | 写真と日記 | Comments(0)

B.B.King、嗚呼

BBキングはずっと前から神であった。

c0156908_2346096.jpg


ずっと永遠に生き続けるのである。
誰も彼の真似はできなかったし、しようともしなかったが、いつでもブルースメンの憧れであり、目標であり、心の支えだった。
亡くなったという感じがしない。
ずっとBBのこと思いながら、

The Thrill is gone

The thrill is gone, the thrill is gone away
The thrill is gone baby, the thrill is gone away
You know you done wrong baby,
but you will be sorry someday
by bbking1031 | 2015-05-17 23:54 | 写真と日記 | Comments(0)

地震

東北で地震が起こった。
もう世界中揺れている感じだ。
何が起きても不思議ではない。
宗教的な解釈では説明できないし、科学で説明しようとしても科学で防げることでもないので、もう宗教しかすがるものがないのか。
ぼくみたいに宗教にすがれない人間は救われようもないのか。
c0156908_6351720.jpg

人間界の地殻変動は格差社会。
広がりは大きくなり、亀裂は深くなり、もうどうしようもない。
貧富の格差は永遠に広がり続ける。
解決策は、たぶん、ない。
リッチの側から考えると、難民は困ったものだし、どうして過激派組織に加わろうとする人間が増えているのかが理解できない。
残忍で野蛮な連中のことが理解できない。
プアの側から考えると、もう大人しくよい子のふりしててもなーんもいいことない。
正直に実直にこつこつと働いていてもなにもいいことない。
だいたい仕事がない。
夢も希望もない。
夢や希望はリッチ側の世界のものであり、プアはどこまでいってもプアのまま。
夢も希望も取り上げられて、できること、乾坤一擲大暴れ。
宗教は大義名分。
キリストも共産主義もきみを幸せにはしなかっただろう?
きみを救えるのは……
ということらしい。

ぼくらはどうすればよいのか?
これは所詮熱病のようなものなのか?
かつてのイスラム帝国全盛期の版図まで拡大するかもしれない。
ぼくはそう間単に火が消えるようには思えない。
根本にあるのは厳しい貧富の格差でしょうから。
by bbking1031 | 2015-05-13 06:56 | 写真と日記 | Comments(0)

いざ鎌倉

元気になったら鎌倉に行こう。
ということで、元気になったかどうか確かめに鎌倉へ行ってみる。
鎌倉も近くなった。
しかし、事故が多くてダイヤも乱れがちである。
それでも昼前には着いた。
c0156908_22254483.jpg

いつものように北鎌倉で下車。
いつもなら建長寺の裏山をよじ登って鎌倉アルプスを縦走する(「鎌倉散歩冬、広角レンズ」参照)のだが、たぶん無理なので源氏山を登るつもり。
とはいいながら、いつもの甘味どころに入ってしまう。
c0156908_22295648.jpg

そうなると扇が谷方面にでることになって、なぜだか毎回訪ねてしまう海蔵寺。(「海蔵寺の花」参照)
このお寺でゆっくり一休み。
このお寺はとても気持ちが和みます。
c0156908_22341578.jpg

阿仏尼さんの墓を拝んで、英勝寺に初めて入る。
外見はお寺の幼稚園みたいですが、中は奥が深くて、ちょっとびっくりするような仕掛けもあって、楽しいお寺です。
今は白藤が見事。
竹林も立派です。
c0156908_22393714.jpg

佐助神社に行こうというわけで、化粧坂に向かうのですが、これがきつい。
坂の入り口で太股の筋肉が硬くなる。
こんなときのためにシップだとかスプレーだとか持ってきている。
しかし、道端でズボン脱ぐわけにもいかず、人影が途切れたところを見計らって、ズボンをちょっと下ろしてエアサロンパスをシューとやる。
c0156908_22472385.jpg

佐助稲荷に行くにはもうちょっと楽な道があったはず。
やっと着いた。
c0156908_22485789.jpg

ところがこの鳥居をくぐって石段を登る途中、足がまた痛くなるのだが、こんなときのためにトレッキングポールを持ってきたからね。
どうにか登ることができた。
この佐助稲荷、ひどく不気味ですよ。
以前きたときは夕暮れで、人影もなかったからそれはそれは恐ろしい。
今回は人出もそれなりのなですが、それでもものすごく霊気を感じます。
人家から少し登っただけなのにこの深山幽谷はなんでしょう。
とっとと下山。
c0156908_22585193.jpg

鎌倉といえばシャガの花。
c0156908_22592044.jpg

観光客がますます増えたようです。
まるで縁日か初詣出。
食べ物屋に入るのも一苦労なのですが、ぼくらは地元の人しかいかないあまり混まないお店を知っているので、ゆっくり夕食を取ってラッシュをやり過ごす。
ところが、駅はいつまでも混雑していて、どうも人身事故やら何やらで小さな鎌倉駅のホームは人でいっぱい。
子供連れでくるところじゃございませんよ。
電車も混んでいるのだが、ありがたいことにぼくはシルバー人材センターに応募できるような年齢なので、若い衆が席を譲ってくれるんだね。
ジジイも悪くないや。
c0156908_2315547.jpg


旅行に出ると、自分の土産に小さな猫の置物を買うことにしている。
久しぶりに小町通の有名なカレー屋の傍の雑貨屋で猫ちゃんを買う。
店主に、
「ずいぶん長くやってらっしゃいますよね」
「もう30年になります」
「ぼくもこの店に20年前から来てますよ。
ここで猫の指抜きを集めました」
c0156908_2312153.jpg

by bbking1031 | 2015-05-04 23:16 | 写真と日記 | Comments(0)