日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベランダの休日

仕事から帰ったらお花見にいこうというので、ぼくは午前中に仕事を済ませ、珈琲をポットに淹れて、SUBWAYでスペシャルなサンドウィッチをふたつ買ってきて、連れ合いの帰りを待ってたら、なんか調子悪そうで、そういうことはいつものことなので、「ベランダで食べようか?」
c0156908_23345192.jpg

c0156908_23352344.jpg

狭いベランダにむりやり小さな円テーブルと椅子を置いて、洗濯物を取り込んでっと。
春の花の話、ベランダに並べてあるハーブの葉の匂いを嗅いだり、キウイとオレンジ食べたり、ベランダの花を撮ったり、のんびりと午後を過ごす。
c0156908_2341422.jpg
c0156908_23411980.jpg

ペンタックスのS1にTAMRONの90mmマクロという初めてのペアですが、これいいなあ。
花を撮るならこのレンズ。
シジュウカラもやってきた。
c0156908_23441116.jpg

それから昼寝して、夕刻、お買い物。
サイクルショップマスコに寄ってDAHONの話を聞かせてもらう。
この自転車屋さんは、ちょっと自転車好きには有名みたいです。
社長さんがとても親切で、楽しい人です。
いろいろ自転車について教えてもらいました。
やっぱ、ほしいなあ。
これ。
c0156908_23523642.jpg

DAHON(ダホン) Boardwalk D7 20インチ フォールディングバイク 2016年 インターナショナルモデル [外装7段変速、クロモリフレーム] Matt Ivy HAC072

問題は、30年間、自転車に乗っていないということである。
はたして、自分は今でも乗ることができるのであるか?
by bbking1031 | 2016-03-31 00:00 | 写真と日記 | Comments(2)

みんなでお食事中華街

c0156908_075865.jpg

元町中華街まで、わが家から90分、しかも直通である。
いかない手はない。
c0156908_091620.jpg

大学受かったら飲茶をしよう!
と約束していた坊やとお嬢ちゃんがいて、やっと約束を果たすことができた。
みんなとても満足してくれて、ぼくもとてもうれしい一日だった。
c0156908_0121838.jpg

中華街はよく写真に撮ったから、もうあんまり珍しいこともなく、こんなかわいそうな子豚の丸焼きなんぞを撮ってみる。
うまそうじゃないんだよね。
c0156908_014991.jpg

c0156908_0154637.jpg

いこうと決めていた店は予約が取れなくて、なんだか適当な店になってしまったけど、個室で雰囲気もよく、くるくる回るテーブルだった。
料理の写真を一枚も撮ってない。
撮る前に食べちゃうんですよね。
c0156908_0184630.jpg

c0156908_0191032.jpg

みんなと待ち合わせたのは関帝廟。
クレージーケンバンドの『昼下がり』という曲が好き。

関帝廟でお祈りしていたら
なんと炎の料理人周富輝が前を横切った


ということで、お祈りしたのだが、周さんは見かけなかたね。
じゃんねんだたね。

c0156908_029144.jpg

今度は大量のエイリアンの丸焼きだ。
c0156908_0305522.jpg

2時間かけてゆっくり食べて、ほんとよく食べたなあ。
腹ごしらえに山下公園。
横浜にきたらぜったい撮る氷川丸。
乗船したのは2回くらい。
いいなあ、この船。
c0156908_0332419.jpg

氷川丸をバックに記念撮影して、ホテルニューグランドの中庭でお茶したかったのに、席がございません。
ローズホテルで珈琲飲みながら、みんなととても仲良く過ごせたことに感謝して。
またね。
c0156908_039170.jpg

家に帰って、中華街で買った花のお茶を淹れてみる。
お花のよいかおり。
よい一日でした。
by bbking1031 | 2016-03-24 00:42 | 写真と日記 | Comments(0)

ちょっと青梅

いつだったか青梅にいった。
日曜日、お昼食べようか。
青梅のうどん屋さんにいった(んだっけか、もうなんだか忘れている)。
c0156908_6283453.jpg

小さな谷にあるパン屋さん。
テレビで紹介されて、細い谷あいの道は車で埋まり、地元の人は難儀したようです。
軽い食事もできて、実は、ぼくは偶然この店を発見して、ひそかに楽しんでいたのですが、テレビのおかげで大混雑になった。
混雑大嫌いなのでこの谷から足が遠のいた。
c0156908_632563.jpg

しばらくしてこの小さな谷のパン屋さんは休業してしまい、ああ、残念だな。
好きな店がどんどんなくなる。
c0156908_6344538.jpg

たまたま、通りかかったら、あれ?山の中に明かりが見える。
ひょっとしてと想い、近くのお寺に車を止め、渓谷を歩いていくと、営業再開していたのでした。
しかも、いわゆる観光ブームもさって、すっかり落ち着いているのでした。
めでたしめでたし。
c0156908_6375935.jpg

c0156908_6381878.jpg

クロッカスもフキノトウもオオイヌノキャンタマブクロも咲いていました。
早春賦。
c0156908_6413937.jpg

c0156908_6415752.jpg

山茱萸(サンシュユ)が咲くと、春だなあ。
c0156908_6443775.jpg

c0156908_645229.jpg

鎌倉にいった知人が、鎌倉の寺の坊さんから、青梅によいお寺があるのになんでわざわざ鎌倉にくるの?っていわれたそうです。
ぼくもうすうすそれは感じています。
c0156908_6522025.jpg

c0156908_6524296.jpg

c0156908_653311.jpg

c0156908_6531553.jpg

青梅の花屋さんにいってみました。
c0156908_653385.jpg

c0156908_6543180.jpg

c0156908_6545778.jpg

花を撮るなら花屋さん。
「店内での写真撮影はおやめください」という店内放送が流れますよ。
ですから、チルト液晶が便利。
隠し撮りですな。
c0156908_6585515.jpg

青梅の街。
いつもの駐車場に車を停めた。
青梅に日本一のうなぎ屋さんがあって(個人の感想です)、それが、その店があったところが、更地になっている。
「うなぎ屋さん、なくなっちゃいましたね」
と、駐車場の元おねえさんに聞くと、
「『みさと』さんね、おいしかったわよね」
「いつですか?」
「去年閉めちゃったのね」
そうか、去年は食べにこなかったのだ。
一昨年、うなぎが値上がりして、うな重が3800円だったから、これはもう食べてはいけないものなのだと思った。
このうなぎ屋さんには、30年も通ったから、ぼくが老いぼれる以上にご亭主はくたくたにくたびれるわけで、クラプトンもサンタナもバディ・ガイもよくがんばる、たいしたもんだ。
c0156908_77155.jpg
c0156908_772752.jpg

c0156908_774652.jpg

c0156908_78219.jpg

c0156908_785112.jpg

c0156908_792516.jpg

c0156908_794977.jpg

c0156908_7101194.jpg

こうやって写真を載せてみると、一日青梅をぶらぶらしているように見えますけど、実は2、3時間の散歩です。
青梅はご近所だし、それにしてもさびれてますねえ。
食べ物屋さんが少ないです。
名物わらじとんかつとかやればいい。
蕎麦屋はちょこちょこあるのですが、インパクトが弱い。
名物へそまんは、いまいち。
青梅せんべいも、なんだか地味です。
赤塚不二夫はいいけど。
映画の看板もね。
青梅、がんばってるんだけど、いいとこなんだけどなあ。
吉川英冶記念館もあるよ。
若い人に、「吉川英冶ってだれですか?」って聞かれた。
ジェネレーションギャップだ。
by bbking1031 | 2016-03-21 07:22 | 写真と日記 | Comments(0)