日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

差別暴言からムスリム少女守った乗客、2人死亡1人重傷 米西岸

BBC News 5/29(月) 15:14配信

米西岸北部オレゴン州ポートランドで26日、通勤電車で乗客に差別的暴言を浴びせられているムスリム(イスラム教徒)の10代女性2人を助けようとした男性3人が、相手の乗客に刺され、2人が死亡する事件があり、3人を称える義援金が28日までに60万ドル(約6800万ドル)集まっている。

事件は、朝の混雑した通勤列車で16歳と17歳のムスリム女性に向かって、ジェレミー・クリスチャン容疑者(35)が、イスラム教徒への差別的暴言を怒鳴り続けることで始まった。若い女性の1人は、ヒジャブで髪を覆っていたという。容疑者と女性たちの間にタリーシン・ムルジン・ナムカイ・メシェさん(23)とリッキー・ジョン・ベストさん(53)、マイカ・デイビッド・コール・フレッチャーさん(21)が割って入ったところ、容疑者に刺された。ナムカイ・メシェさんとベストさんは死亡し、フレッチャーさんは重傷を負った。

フレッチャーさんの母親はメディアに対して、自分の息子は「頸動脈から1ミリ」のところを刺されて重傷だと話した。詩人のフレッチャーさんの友人たちは27日夜、募金サイトに病床のフレッチャーさんの写真と詩を投稿。「憎悪の目に唾を吐きかけ、自分は生き延びた」と書いている。

死亡したナムカイ・メシェさんは昨年大学を卒業し、環境コンサルタント会社で働き始めたところだった。ベストさんは2012年まで23年間、米陸軍に勤めた退役兵で、2015年からはポートランド市役所で働いていた。ベストさんには子供が4人いる。

暴言を受けた女の子の母親など複数の目撃者によると、容疑者は「ムスリムはみんな死ね」などと怒鳴り、刺された男性たちは「小さい女の子にそんなこと言うな」などと言いながら割って入ったという。

ナイフを持って列車から逃走した容疑者は、乗客たちの通報によって間もなく逮捕された。殺人や殺人未遂、規制対象の武器の所持などで訴追され、30日にも出廷の予定。連邦捜査局(FBI)は、ヘイトクライム(憎悪犯罪)で訴追するかは未定だと話している。

容疑者に立ち向かった乗客3人は、大勢に「英雄」と称えられている。暴言を浴びせられたデスティニー・マンガムさん(16)は、地元局KPTVに「私のために命をかけてくれた人たちに、感謝したい。私のことを知らないのに、私と私の友達と、私たちの外見のせいで命を落としてしまった」と話した。

27日夜には、事件現場の近くに1000人近くが集まり、犠牲になった2人を追悼し、重傷を負ったフレッチャーさんを応援した。

オンラインでも大勢が3人の勇気を称えている。オレゴン州のケイト・ブラウン州知事はフェイスブックで「2人の勇敢で思いやりあふれる命が昨夜ポートランドで失われてしまい、とてつもなく悲しい」、「オレゴンは誰でも歓迎する。このコミュニティー内を移動する間の安全は基本的な人権で、その人がどこから来て何を信じるかに関わらず、全員に保障されるものではなくてはならない」と書いた。

民主党大統領候補だったヒラリー・クリントン氏はツイッターで、「あまりに悲しい。このような人種差別の暴言を耐えるなど、あってはならない。このような差別をやめさせるため、命を失うなどあってはならない」と書いた。

米国内のヘイトクライム発生を監視する人権団体「南部貧困法律センター(SPLC)」の研究者は、クリスチャン容疑者のフェイスブックに、「人種差別など過激思想の書き込みがある」と指摘する。

またポートランドの地元紙は、右翼系の抗議行進でナチス式敬礼などをしていた「白人至上主義者として知られていた」と伝えている。

有罪歴もあるとされるが、警察は詳細を公表していない。

ドナルド・トランプ米大統領は、まだ事件に言及していない。

地元紙オレゴニアンの記者が大統領に、何かコメントはないかと尋ねたツイートは、現地時間28日夜現在で4000回以上リツイートされている。

長年CBSニュースの「顔」だったベテラン記者のダン・ラザー氏は、トランプ氏にあてた公開書簡をフェイスブックに掲載。被害に遭った人たちの名前を「あなたが口にするのを、私たちは聞きたい。もしくはツイートだけでもいい。勇敢なアメリカ人だった。その彼らの命を、情報がすべて判明すればテロリストと呼んで何の差支えもないかもしれない人間が奪ってしまった」と書いた。

ラザー氏はさらに、「この事件は、あなたが大統領選で推進し、ホワイトハウス入りした今もあなたの後についてまわる物語の文脈には、都合よくあてはまらないかもしれない。彼らは違法移民に殺されたのでも、『イスラム過激主義テロリスト』に殺されたのでもないので」と書いた上で、「このあとさらに何が起きるのか深く心配している何百万人もの人間が、彼らの死を悼んでいる。あなたがこれについて、自分の時間を割くに値することだと思ってくれますように」と結んだ。

(英語記事 Portland attack: $600,000 raised for 'heroes' killed defending Muslim teen)

(c) BBC News

最終更新:5/29(月) 15:20

BBC News


by bbking1031 | 2017-05-30 04:22 | Comments(0)

好き嫌い

c0156908_06042254.jpg

善悪とかいう概念も持ち合わせがないですが、ぼくの枕詞というのが「悪知恵」というやつで、知恵だけでいいんだけど、「悪」がつく。
少しもうれしくない。

人間頭を鍛えることは大変大切で、理系の人は凄いなあといつも感心する。
あんなわけの分からない問題を解こうとするので、大学入試問題なんか宇宙言語ですね。
先日、人材がいなくて高校2年生に数列を教えるはめになって、でもどうにか教えた。
習った記憶がない。
頭よくなったのかな。
高校時代はサボリすぎて、なーんも勉強しなかったから、数学なんかまったくだめです。
暗記科目はいいんだけど、暗記だけでは頭よくなりませんね。

物知りがぼくのまわりにはたくさんいるのですが、あまり頭がよくない。
というか、頭が柔軟ではない。
ステレオタイプばっか。
となりがピアノ買ったからうちも買わなきゃタイプの小市民である。
暗記ばっかりではだめですね。

虚空に薔薇を咲かせるような知恵が必要です。


c0156908_22525197.jpg

話変わって、折りたたみ電動アシスト自転車であります。
実は折りたたみ自転車を買って乗ってみたのですが、しかも例によっていろいろいじってサドル換えたりとかいろいろやってかっこよくしたのですが、走ってみて身にしみた。
そうだ、ぼくは坂道が苦手なのだ。
歩いたほうがました。
いやー、坂はきつい。
この折りたたみ電動アシスト自転車はどうだろう。
走ってるの見たことないからほんとのとことどうなのだろう。

ノーベル賞をあげるんだったら、まず、ソフトクリーム。
自動車。
飛行機。
電車。
パソコン。
それから、ギター。
鯖寿司も候補にしよう。
ザッハトルテ。
甘納豆も。

これみんな好き嫌いのレベルで。
嫌いなのは、蓮舫。
辻元清美。
福島瑞穂。
そうだ、小田実だ。
小田実にはあやうくだまされるところだった。
北朝鮮は最高にいけてる国らしいのですよ、小田にいわせると。
心情的には左翼思想に傾斜していた時期が長いかったし、ゲバラファンでもあります。
毛沢東語録をポケットに、マルクス・エンゲルス全集を小脇に抱えて街をふらふらしていた学生時代です。
ソ連が崩壊して、KGBの資料が公開されて、そこでKGBから小田実にまとまった資金が提供されていたことが発覚したのです。
ひでえなー、危ないね。
実は、民主党政権も応援してたのですが、実際国政を動かしてみると実に頼りない。
無責任左翼の机上の空論。
めりゃくちゃ中国朝鮮よりの外交政策。
ほんとに日本のこと考えてるの?

村山さんが社会党で政権とったときもすごく期待したけど、カスでしたね。
従軍慰安婦ごめんなさい。
自衛隊認めないといってのが、するっと自衛隊は合憲とかいっちゃう。
恐ろしいのは阪神淡路大震災です。
この度の東北大震災も民主党でしょ。
お花畑左翼の連中が政権を取ると大災害が起こるというジンクスが、ぼくのなかに出来上がってしまった。
だから、民進党風の人、きらい。
共産党もきらい。
破防法の対象団体ですよ。
民進党にも危ない人いますね。
枝野幸男とか。
この人、革マルから献金受けてるそうです。






by bbking1031 | 2017-05-28 23:41 | 写真と日記 | Comments(0)

光と影

c0156908_06062140.jpg


これは夕方の水蒸気を心地よいあんばいで含んだ空気に、山に沈みかけた太陽の光が当たって光っているだけのことなのだけど、これは光が当たった空気を見ているのか、それとも水蒸気に当たった光を見ているのか、どちらなのか。
ここから理屈をこねてあーでもないこーでもないというのがたいていの人の常ですが、この閑散とした限界集落のようなブログの主は、いつものように、そんなことはどーでもよろしいというわけです。
そんなことは禅宗坊主にまかせておけばよい。

c0156908_06051738.jpg


今日のテーマは光です。
日本画風にいうと、ものにはもともとの色があるという。
光が当たろうが当たるまいが、そのもの独自に色を持っている。
というような気持ちで色を塗ってるのだろう。
光がないと色も見えないけどね。
ちょっと変だけど、変でもいい。
そういう考え方がある。



c0156908_06050420.jpg

露出をアンダーにすると、そのものの色の個性が浮かび上がる(ような気がする)。
ゲージツ作品風の写真には暗い絵が多いですね。
なんか精神性とか。
ぼくはモノクロの写真がきらいです。
カラーフィルムがなかった時代ならしょうがないけど、この世のものにはたいてい色があって、ぼくは写真は色こそすべてだと思っているから、モノクロ写真などはぜってー撮らない。
よいかわるいかなんていってないです。
きらいといっているだけ。

c0156908_06035214.jpg

エゴの花。
こんなかわいくて甘い花は明るく撮ったほうがいいですね。


c0156908_06024790.jpg

ベランダの花。
なんか雰囲気作ってみた、

c0156908_06031818.jpg

明暗を強くすると、ちゃらい女子もなぜか神秘的に見えてくる。
気のせいである。

c0156908_06021868.jpg

ありふれた雑木林も、なにか意味ありげになる。

なんかよい。






by bbking1031 | 2017-05-27 06:38 | Comments(0)

鎌倉残影

c0156908_22394913.jpg

昼間、少々力仕事をしたので、夕刻から、まず両手両指が痙攣する。
ずっとグーパーグーパーして痙攣を緩和。
体のいろいろなところがつるのだが、今は左脇が痛くなって、午前四時、しょうがないので起きてブログ書いてます。
イテテイテテイテテーヨ。
バナナボート歌ってみても治らない。


c0156908_22410241.jpg

たとえば、わき腹が痛くてイテテイテテのときに、あまりに痛いから自殺しようと思うかというと、そんな気分にはならなくて、ただ痛い、この痛みをどうにかして和らげようと思うだけ。
つまり、身体的な苦痛のただ中では、自殺なんか考えない。
痛いから早く殺してくれ!ってのはあるでしょうけど、それは痛いから早く痛み止め打ってくれ!ボルタレンくれ!というのと同じで楽になりたい、助かりたいということである。

c0156908_22404543.jpg

なにがいいたいかというと、まったくよく生きていたものだと思われるほどひどい状態で過ごしていた時期があったが、よくも自殺しようと思わなかったものだということだ。
あれは、生きようとする体の無数の細胞の意思が、ぼくをコントロールしていたのだと思われる。

c0156908_22402584.jpg

入水自殺はできないだろうと思われるのは、まず苦しいからもがくし、だいたい泳いじゃうよね。
首をつるのも、ありゃあ苦しいよな。
いやだな、生きてるほうがました。
電車に飛び込むのも、体ばらばらになるしミンチみたいになるし、気色悪いからいやだな。

c0156908_22400358.jpg


死にたくなって、最後だからうまいもの食べようと、つばめグリルのハンブルグステーキとか、京都祇園いづうのさば寿司、熊本山鹿の入屋のうどん、札幌ビール園のジンギスカンとか、天草の車えび、ああ、食べたい。
うまいもの食べたら死にたいとか思わなくなりますね。

c0156908_22393729.jpg


それから、きれいなもの、気分のいい景色とか、それは生きる力になるので、そう音楽もね。
Do something!
ってことで。

c0156908_04130625.jpg




by bbking1031 | 2017-05-26 04:59 | 写真と日記 | Comments(0)

緑陰

c0156908_22450671.jpg


鎌倉です。
新緑がきれいなので、写真を撮るのですが、この緑一色の風景がたいへん難しい。

c0156908_22450117.jpg


コントラストと彩度をあげて、というのが基本ですが、ラチチュードとかをどうするかとか、露出はハイキーがいいのかローキーがいいのかとか、あれやこれやぼくにはよく分からない。
とりあえず、いろいろやってみて。

c0156908_22445515.jpg


いちばん気色悪いのが、白トビというやつで、つまり光が強くて色のデータが飛んじゃうんですよね。
色がついているはずのものが色が飛んで白く写ったらアウトで、ぼくはこの白トビがいちばんきらい。

c0156908_22424702.jpg

それでどうしても露出をアンダーにすることが多いのですが、そうするとただ暗いだけの森になっちゃう。
てなことでソフトの力を借りることになるのですが、ぼくはそれが下手なので、ちょっと不自然ですね。

by bbking1031 | 2017-05-25 23:01 | 写真と日記 | Comments(0)

嘘つき

c0156908_06172076.jpg

「私は嘘を申しません」
という人は、100%嘘つきである。
「私は今まで嘘をついたことはありません」
なんてことはないのだから、自分は嘘つきだと白状しているようなものだ。

「永遠にこの人を愛しますか?」
といわれても答えにくい。
因みに、教会で神父さん(牧師さん)が、永遠という言葉を使うかどうかは疑問。

病めるときも 健やかなる時も
愛を持って
生涯 支えあうことを誓いますか

というのが基本で、永遠とかいわないような気がします。


c0156908_06163643.jpg

永遠などというものは存在しないのだから、永遠にナントカなんていう輩は詐欺師である。
絶対に金返すという人はお金返さないし、絶対に裏切りませんというやつは、ほとんど裏切ってくれる。

絶対電話するから、てなことを言う前に、ぼくの電話番号教えてないよね♪


c0156908_06155122.jpg

死ぬまで部長についていきます!
とかいっても辞めちゃうしね。



c0156908_22193496.jpg


二度としません、といいながら、何度もセクハラ繰り返す糞野郎もいるし、ぼくは人を信じない。
いや、信じています。
人は約束を守らないということを、ぼくはしっかり信じています。
そして、ぼくも約束は守りません。
絶対に。
永遠に。


by bbking1031 | 2017-05-25 06:59 | 写真と日記 | Comments(0)

神様お願いだ~



c0156908_22192062.jpg

TAKANOのフルーツゼリー。
丸いのはメロンです。
さすがにおいしい。
娘がくれた。


c0156908_22190767.jpg

珈琲と甘納豆は黄金コンビ、馬場と猪木ですね。
珈琲は、加藤くんがくれた谷中珈琲。
この珈琲が上品で爽やかな甘みとフルーツの香で大変けっこうでございます。


c0156908_22211245.jpg


人生の目的であり生きる希望であり天国の果実でもある枇杷の実。
房州枇杷でないのが残念ですが、そろそろ千葉でも出回っているそうで、楽しみ。


さて、我が家の神様。

c0156908_22184964.jpg


神様に説明はいりませんね。


c0156908_22183821.jpg

c0156908_22182928.jpg

掃除してたら懐かしいカメラがでてきた。


c0156908_22185893.jpg

Canon S200というカメラ。
いいカメラです。
いまどき映像素子がCCDです。
おっとりとした絵がでてきます。
撮ってみましょう。

c0156908_22195162.jpg


ドクダミと呼ばれることが多いですが、ぼくはジュウヤクと呼びます。
十薬と書くのかな。
腫れ物に葉を貼っておくと膿を吸い出してくれます。
お茶にもしますね。
雑草として躊躇なく刈られてしまいますが、残念。
臭いを嫌う人が多いですが、ぼくは嫌いではありません。
一輪挿しにして眺めてます。

c0156908_22210525.jpg

Canon S200。
ね。
なんともないでしょ。
この取り柄のない絵。

この花はたぶんヒメジオン。
ハルジオンとヒメジオンの違い。
ハルジオンは花弁がもっと細くて、茎を折ると中がからっぽ。
ヒメジオンは、花弁がはっきりしていて、茎を折ると中から汁がでる。
ハルジオンが先に咲いて、ヒメジオンが遅れて咲く。
今がちょうどハルジオンとヒメジオンが混在する時期ですね。
花の色はさまざまです。
白、ピンク、黄色、すこしずつ混じってたり、あまり人は気にかけませんが、ぼくは大変お気に入りの花でございます。



c0156908_22204956.jpg

喘息で咳ばかりしてたら、首も肩も腹筋まで痛くなって整骨院にいく。
Canon S200 を連れて行く。
この町はかつて米軍の町だったから、なんだかところどころに歓楽街風な一角がある。
昼間の歓楽街というのが好きなんです。


c0156908_22204186.jpg

c0156908_22205819.jpg

c0156908_22202643.jpg

要するに、ドアなんですよ。
これが最初ですべてなのだ。
どのドアを開けるかで運命が変わるのだ。
ドアの向こうに何が待っているのか。
それが問題だ。
c0156908_22202137.jpg

このドアの向こうには猛獣が身構えているに違いない。
たぶん腹をすかせたメスの、なんだか年季の入ったやつだろうな。
低い声で、「いらっしゃい」とか、咆哮するのだろう。
こわいね。

c0156908_22201553.jpg

c0156908_22200373.jpg

c0156908_22195730.jpg


いっときますが、ぼくはアルコールもカラオケも女子もたしなまないので、こういうところには参りません。

c0156908_23023217.jpg

「ここにごみを捨てないでください。
見つけたときは通報します」
というのが謎。
ごみを見つけたときには、まず、どこに通報するのか。
通報してどうなるのか。
DNA鑑定とかするのか。
なんか歯切れが悪いなあ、と思います。


by bbking1031 | 2017-05-24 23:25 | 写真と日記 | Comments(0)

無神論

c0156908_06145686.jpg

神はいない。
いるのなら連れてらっしゃい。
バニラシェイクくらいおごってほしい。
ああ、神様。
暑いね。

教会の合宿みたいなのが世田谷であって、ただの興味本位(やじ馬ですな)で参加してみた。
うーん、つまらない。
朝からお祈りして、街宣とかもして、渋谷の駅前でビラ配ったりね。

お祈りしてると、中には変になっちゃう人もいって、踊り狂っているから、ああ、いっちゃったんだな。
それで、「キリストが見える!」とか言いはじめるんだけど、あんたに見えるならみんなにも見えていいだろう。
あんたしか見えないというのなら、それは幻覚でしょう。

c0156908_06150587.jpg

神を信じるか?
ときかれて、信じる根拠もないのに信じられんだろ。
おれを信じろといわれても信じないから。
わたしを信じて、とかいわれたことがあったかなあ。
知らないうちに、友だちと懇ろになっていたってこともあり。

c0156908_06151440.jpg

神を信じるというのは、神を信じようとする気持ちのことで、まあ、信じたからってどうってことはない。

食器棚の上にいつからか神棚があって、毎年、近所の愛宕神社でお札をいただいて祭っておる。
殺風景だから、スーパービバホームで白木の鳥居を買ってきた。
500円くらいだったか。
なかなかいいね。
ありがたい感じがでている。


c0156908_06152466.jpg

ついでに中華街でもらった金の餃子みたいなのを飾ってみる。
伊勢神宮で買った土鈴の巫女さんも飾ってみる。
いいなあ。
近所の矢野さんが彫った木彫の観音様も飾ってみる。
ますますよい。
ついでに、アマゾンでマリア像を買って、これも飾ってみる。
姉からもらった大きめの真言宗のお札三枚も立ててみる。
インドの神様、シバとかカーリーとかも考えたけど、ちょっと怖くなるのでやめた。
ぼくがいちばん好きな仏像は、阿修羅像でございます。
アマゾンでガチャポンみたいなのを1000円で売ってたから買った。
届いたら飾ろう。
あとは、お稲荷さんかなあ。

c0156908_06153310.jpg


by bbking1031 | 2017-05-22 23:35 | 写真と日記 | Comments(0)

自分探し

c0156908_22025076.jpg

今日は奥さんの誕生日で、歳は書かないけど、ずいぶんなものだ、大したものだと思う。
生きててくれてありがとう。


c0156908_22032544.jpg

誕生日に合わせて、鶴ヶ島に住んでる次女が泊まりにきた。
同級生が自殺したのだそうだ。
お前は自殺するな。
うまいもの食わせるから。
おいしいものを食べると、生きててよかったあって思うよね。
生きる意味ってそれくらいのものだと思っている。


c0156908_22035034.jpg

自分探しにでかける若造がいる。
自分探しって、鏡に映っているその自信のなさそうな取り柄もないしみったれたバカづらが、それがお前だ。
探さなくてもそこにいる。
てなことを昔はいっていたものだが、人間、加齢とともに多少はまろやかになってきたので、気のすむまでやってきたらいいよね、なんていえるようになった。


c0156908_22040100.jpg


人を憎むとか敵意を持つとかあまりないのです。
敵意を持たれることは多い。
とても多い。
まあ、しょうがない。
父親の遺言で、いいわけと自慢と人の悪口はいわないというのがある。
父親がそういう人だったので、そんなに立派な人じゃなかったけど、そこだけは見習っとこうと思っている。
最初のふたつはどうにか守れるのですが、ぼくは人の悪口が好きで。
人の不幸は鴨の味といいますよね。
やめられない。


c0156908_22041425.jpg

性格は悪いそうだ。
自分では分からない。
人をよくからかいます。
皮肉も揶揄も好きだ。
これはひどいやつですね。

c0156908_22081237.jpg

まあいい。
ランチにしよう。





by bbking1031 | 2017-05-22 06:49 | Comments(0)

herb,harvest

c0156908_22001579.jpg

「harvest」といえば二ール・ヤングで、ぺヤングも好きだけど。
まだニール・ヤングか、と笑われるくらい、子どもの頃からニールヤングが好き。
かれこれ50年近く、まだ聴いている。
佐渡おけさ並だな。
herb-herber-herbestという活用があるのかと思ったがたぶんない。


c0156908_22002677.jpg

なにが面白いのか分からないが、ぼくは正式に写真を習ったこともなく、いわゆる写真サークルにも興味がなく、だいたい徒党を組んでめんどくさいオヤジと行動を伴にするなどまっぴらご免。
理屈っぽいのがやだ。

c0156908_22004337.jpg

絵はよく見るので、それで好きな構図が決まってくるのかもしれない。

c0156908_22005502.jpg

c0156908_22011517.jpg

c0156908_22012530.jpg

コデマリみたいだね、といったら、コデマリだよと答える。


c0156908_22014641.jpg

これは、白いウツギだね、といったら、見りゃ分かるよ、だって。
天気いいね、といったら、そうでもないよ。
まあいっか。


c0156908_22020110.jpg

特に話すこともないのに、声に出さなくても話している。
同じものを見て、同じように感じなくてもいい。
石がひとつひとつみな違っているように。
心の池に落ちた小石の水音がみな、違う。
水琴窟の千の音。


c0156908_22021793.jpg

売り物の鉢が自然の草花に埋もれていく。
そんな窮屈なところには入りませんよ。
自由だ。
ぼくたちが求めていたのは自由じゃなかったか。
サルトルの「自由への道」は、あれはなんだったのかなあ。
自由は孤独で辛い気がするのだ。


c0156908_22022822.jpg




by bbking1031 | 2017-05-21 22:36 | 写真と日記 | Comments(0)