日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

糞リアリズム、糞喰らえである

Optio I-10はゆったりまったり、楽しそうです。
c0156908_6542063.jpg

こちらを参照してね。
もちろんフェイクです。

HDRについて。
あまり多くはないが、ひっそりと「HDRできますよ」と小声でささやいてるんだね。
ソニーだけは、「HDRすごいっすよ!」みたいに宣伝しておる。
大変よろしいのである。
DSC-WX1が安くなってきた。
これでいいじゃん。
HDR嫌いもいるようなんですよ。
「リアルじゃない」とか。
なにぃ?
じゃーなにか、「アバター」はいいのか?
アバターもエクボか、なんてね。

例えば石川啄木でもいいけど、歌とかはね実生活をリアルに歌わなくちゃ、ウソはいけないなんて考えてる人いるかもな。
ぼくは、自分の心を素直に(リアルに)歌っている気分でいながら、そこには偽善やら自己欺瞞やらいっぱい混在していると思うんですよ、歌なんてものは。
私小説なんてジャンルがあったんだけど、ありゃあ面白くないですよ。
面白く書かなくちゃね。
面白いエピソードを創作するということでないとしたって、面白い表現をしてくれなくちゃ読者はついていけないのだ。
作品として成立するためには面取りをしたり口当たりをよくしたり目の醒めるような表現を考案したりいろいろ工夫するわけだから、なにが写実か自然主義か?
あはん?

というわけで、HDRのなにが悪い!
てか別に怒ってませんよ。
ただね、面白いんですよね、いろんなことが、あはは。

c0156908_8115632.jpg

こういう白トビしてどーしょもない写真をいじってなんとか絵にするのは面白いです。
カメラがぼくのいうことを聞いてくれないのだから腕力でねじ伏せるのだったって感じ。
by bbking1031 | 2010-02-03 08:17 | 写真と日記 | Comments(0)