日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

空木

c0156908_1373252.jpg


だれも見向きもしなくなった
「ぼく」という存在を
見つめてやるんだ

だれもいとしいと思わなくなった
自分という在りようを
認めてやるんだ

得たものより失ったもののほうが多い
と思えるような生活を
夏の綿毛布のように
抱きしめてやるんだ

息を留めるように
時間を停めてみる
ぼくがぼくであったことがあっただろうか

きみがぼくのものであったことがないように
ぼくはぼくのものであったことが
あったか

川面を跳ねる鯔のように
雲を突き抜ける雷鳥のように
大気の底で
兎より低い視線で
自分の足下が
ゆりかごのように揺れて
空木の花が溶けていく
by bbking1031 | 2008-07-06 01:55 | 写真と日記 | Comments(0)