日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チャラ男と水ようかん

坊主頭の厨房が髪を伸ばし始めたら、モンチッチみたいになったので、みんなにからかわれたのでストパーをかけてきた。
会う人毎に、「みんなにからかわれたんで、ストパーかけたんすよ。」
「なかなかいいじゃん。」
「そーすか、いけてます?」
「いけてる、いけてる。」
なんて会話をここ2週間ばかり続けているので、さすがにこいつは潰しておこう。
「こら、いつまでも男が髪型がどーのこーのっていってんじゃないよ。」
「みんなが話してくるですよ。」
「ちがわい、おまえのほうから話題ふってるんじゃんか。
キモイと思わないか。
だいたいなあ、オレなんかなあ、ヘアースタイルの選択肢なんかねーんだよ。
髪型の話題はなー、むかつくんだよ。」

男が髪型や顔をいじるのはどーもすかん。
男に生まれた甲斐がない。
化粧も髪も適当にして、そういう余分なことに気をまわす精神と時間の余裕を他のことに使え。
鏡ばっかり見ている男はいかん。
男はそこそこの身だしなみができていればいいのだ。
そーゆーくだらんことは婦女子の専売だろう。
顔ばっかりいじってる男は仕事も勉強もできん。
ロクでもないハンパな男に限って外見ばかりに気を使う。
それでモテてるやつもいるから無理からぬことかもしれないがね。
キティちゃんサンダル履いてるようなギャルにモテたいならそれでもいいか。

よしこのばあちゃんが水ようかん作ってきてくれた。
よしこばあの羊羹はほんとにうまい。
茶名人にいただいた大根もとてもうまい。
本物はうまい。
水筒を買った。
ペットボトルのお茶がまずいので、自分ちでお茶を淹れて持ち歩いている。
狭山茶はうまい。
よい粉茶をいただいた。
茎茶を混ぜて使っている。
お茶は熱いのに限る。
夏場でも熱いお茶がいい。

アメリカではスタバが店舗をたたんでいるらしい。
日本でもそうなるかな。
珈琲好きの女性を増やしたことは経済効果としてはよいことだったかもしれない。
珈琲のバリエーションも増えたし、禁煙にしたおかげで女性もいい気持ちで珈琲が飲める。
禁煙だから当然ぼくはスタバにはいかない。
スタバの珈琲はなんだか緩い。
しかし、スタバの珈琲豆はいい。
自分ちで濃い目に淹れるとなかなかおいしい。
店で淹れてるのはずいぶん薄めているような気がする。
もっとガツンとした珈琲でないと飲んだ気がしない。

NAOKOが就職のために全身写真がいるというので、今朝、中庭に出て写真を撮った。
家族を撮るなどということはほとんどないので、プチ緊張。
さっそくプリントアウトして持たせてやる。
FinePix F100fdはすばらしい。
このごろ重いデジイチを持ち歩かなくなったくらい。
FinePixは150万画素時代からずっと新製品がでるたびに買い換えている。
かれこれ10台くらいは買っただろう。
この新しいFinePixは1200万画素である。
画素数だけでいえば、PENTAX K10Dよりも多い。
画素だけで画質を判断できないのだが、普通に撮る分には文句はない。
画角が28mmというのもいい。
ワイコンがあったらもっと楽しいかもしれないが対応していないようだ。
今年の夏は荷物を軽くできるかな。
といいながら、こんなのがでてしまった。
c0156908_130353.jpg

DA17-70mmF4AL[IF]SDM
これは困った……。
激しく欲望が疼きまくるのであった。
by bbking1031 | 2008-07-10 01:34 | 写真と日記 | Comments(0)