日々の泡を綴る うたかたの光を撮る


by bbking1031
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:写真と日記( 1179 )

JOHNSON TOWN

c0156908_22040714.jpg

昨年の暮れ、訳あって転居した。
駅前の団地から2㎞ほど転進した。

ここは住宅街で、駅前からも遠く散歩もしない。
じっとYutubeとamazon primeで人生をやりすごす。

さすがに歩かなきゃ。
で、近所のJOHNSON TOWNに自家焙煎の珈琲屋さんができたとかいう情報をもとに歩いていくことにする。
たらたら歩いて10分くらいですけどね。

入間市はジョンソン基地があって、だからアメリカハウスもたくさんあったが、ほとんど廃屋だったから壊されて公園になったり、物好きが修理して住んだりした。
細野晴臣さんもいたんですね。

アメリカハウスは人気になって、分譲でも賃貸でもありますから、アメリカかぶれみたいな人は探してみたら。
異常に高い。
アホくさいくらい。

コストコとアウトレットが街はずれにできたから、入間市は駅前も寂しくなった。
ところが、テレビでJOHNSON TOWNを取り上げたりしたからかなあ、なんだか観光地になってしまって、洒落こいたメリケン風の店ができて、昔はただのアメリカハウスが生き残った一角だったのが、にぎやかになりました。

コイバクボという米粉のパン屋さんがアイス屋さんも始めてたいへんの賑わい。
食べてみた。
おいしいですね。

近所の彩の森公園を散歩。
去年までほぼ毎日歩いていた公園。
写真もほとんどこの公園。
ちょっと懐かしい。

家に帰ってソーメン食べたら、もう起きていられなくて昼寝。
久しぶりに歩いて疲れたんだな。
寝言いってたらしい。




by bbking1031 | 2018-09-24 22:24 | 写真と日記 | Comments(0)

彼岸花

c0156908_06145999.jpg


日曜日である。
日曜日は仕事にでることにしている。
自分で決めることなので、ふつうは休みたいと考えるのが自然なのだろうが、日曜日はどこへいっても混む。
人込みがきらいです。
ホテルも高いし、渋滞もいやで。

そういえば彼岸花の季節で、家の近辺も彼岸花。
彼岸花はもともと縁起の悪い花で、子供のころ姉が彼岸花を摘んできて母に叱られていた。

近所に巾着田という彼岸花の名所があって、今日は曼殊沙華祭だったなあ。
困った。
仕事行くにも道路が混むね。
職場は巾着田の近くなのですよ。


c0156908_07134042.jpg

by bbking1031 | 2018-09-23 06:46 | 写真と日記 | Comments(0)

どこに帰るのか

c0156908_09132920.jpg
 

自分がどこからきたのか実感がないので、どこに帰っていいのか分からない。
故郷もどこかおじゃましますみたいな感じで、ここで生まれ幼児のうちに離郷したので、愛着というものが薄い。
世界でいちばん美しい場所だという気持ちはある。
なぜだか理由もなくわくわくするのはこの景色のせいだろうな。

夏休みをとらなかったから、10月の末に帰省する。
両親の墓参りである。
ちゃんと供養してないなという思いがいつも薄皮のように、心臓をラップでくるんだような。

自分はこの墓に入るのかどうかはどうでもよい。
というか知ったことではない。
人が車にはねられて、後続の車になんどもなんども轢かれてミンチのようになって、鳥獣に食われ、乾いて泥になり塵埃となって宙に舞い上がり影も形もなくなるという死に方だってあるわけだ。

ジンギスカンは都市や村々を襲撃して、死んだふりをして助かる敵がないように、丁寧に死体の首を切り取って、その首でピラミッドを作ったとか。
バイキングは、襲った村の人間の胸骨を体の真ん中で割いて左右に開き「赤い天使」とか。
他人の死とは自分にとって刺激であるから、不謹慎だが娯楽でもある。
公開処刑とかね。
ぼくはそれを見ている側ではなく、殺される側としての自分の命を思うと、なんと軽々しくも颯爽とした命であるかと思うのだ。

生まれ変わったら、シラスがいいな。
さっと茹でられてさっと食われて消えてゆく。



by bbking1031 | 2018-09-21 10:00 | 写真と日記 | Comments(0)

ちょっと復活

パソコンが壊れていろいろ買ってみたが、帯に短しタスキにも足らず。
結局デスクトップ4台、ノート2台、いろいろパワーアップしたり失敗したり、アマゾンに返品したり拒否されたり。
フォトショップはメモリ4Gでは動かないことを知った。
やっと動き出したのでまた書き始める。

書評というか読書感想文を書いてちょという依頼があって、ぼくは本を読まないからなあ。
気になっていた

孟司, 養老

を読んでみよう。
アマゾンで100円。
まだ届かない。

武田邦彦さんの動画ばかりみてます。
とにかく長いこと生きてきたので、脳にこびりついた水垢とか苔とか錆を洗い流してこの世とさっぱりおさらばしたいのだ。

従妹がたくさんいて、女子はしぶといが、従弟たちで60歳を超えて生き延びた者がいない。
ぼくだけだ。
みな50になるやならずで他界。
昨年は58歳の従弟が往生した。
ぼくだって長生きするとは思えない。
あと5年かな。

来年65歳で定年ですから、その後糊口を濯ぐ術がない。
というかめんどくさい。

がんばって生きるというのがいやだ。
寝たきりがいい。
ときどき起きて欠伸をするくらいがいい。

by bbking1031 | 2018-09-20 07:44 | 写真と日記 | Comments(0)
c0156908_20400750.jpg

日曜日朝はNHKの園芸番組を見てます。
日本の薔薇栽培の嚆矢といわれる横浜イングリッシュガーデンが紹介されていたのででかけてみました。


c0156908_20400876.jpg

横浜まではぼくの町から直通で一時間半くらい。
相鉄線に乗り換えてひとつめの駅で降りる。
でもぼーっとしていて降りそこなう。


c0156908_20400887.jpg

それから道に迷って、ほんとは駅から近いのですがずいぶん迷った。


c0156908_20400867.jpg

実のところ、薔薇の花は整いすぎてどうも写真に撮ろうという気分にならない。
美人というのもあまり好きではない。
かわいい子はいいけど。


c0156908_20400914.jpg

薔薇だらけなのに薔薇撮らないのである。



c0156908_20400986.jpg

美人といると、まともに顔がみられないのである。
じっと見つめるのが失礼なような恥ずかしいような気持ちかな。


c0156908_20401040.jpg

ピンクのエゴの花。
これはもうほんときれいで、こういうのが好きだな。
香りも和三盆みたいにやわらかく甘くて気持ちがいい。


c0156908_20401099.jpg

薔薇の香りはいろいろですね。
小池百合子みたいなのもある。
小池さん、50メートル先から臭うらしい。



c0156908_20401091.jpg

これがいちばん好きな薔薇。


c0156908_20415024.jpg



c0156908_20415184.jpg



c0156908_20415160.jpg



c0156908_20415176.jpg



c0156908_20415290.jpg

近頃、派手な花ばかりみていたので、緑はほっとしますね。

帰りはなんだか「横浜そごう」に行きたくて、それがなかなか行き着かず、腹も減ってくるし、中華街は有名どころ以外はあんまりおいしくないし。
それで、そごうの「銀座アスター」。
鎌倉いっても「銀座アスター」だし、池袋でもそう。
もちろん、銀座でも「銀座アスター」です。


by bbking1031 | 2018-05-09 21:02 | 写真と日記 | Comments(0)
c0156908_06562653.jpg


写真を整理してたら出てきた。
今はもう見ることができない風景です。
梅も桃も全部切っちゃって、細菌のせいですけど、今では瀬戸内寂聴の頭みたいになってしまって。
ああ、青梅の人がかわいそうだな。
山も川もかわいそうだな。

植えなおしたようだからまたこの風景が戻ってくるでしょうけど、いのちなりけりとはいかんだろうなあ。


by bbking1031 | 2018-04-26 07:02 | 写真と日記 | Comments(0)

いのちなりけり


c0156908_21464762.jpg



c0156908_21464710.jpg



c0156908_21464679.jpg



c0156908_21464687.jpg



c0156908_21464536.jpg

もう今年の春はどこかへ

胸が痛くて
もうだめかと思ったら
冠CT検査の画像見ながら

いいですね
だいじょうぶですね

ということで

もうちょっと
がんばろうかな

いや
がんばらないな
がんばるのはいやだな
がんばらないとできないのでは
それは適性がないということで

ぼくは
とにかく
がんばらないのだ


by bbking1031 | 2018-04-25 21:54 | 写真と日記 | Comments(0)

桃源郷

c0156908_23002451.jpg

近所の山野を走る。
小さな桃源郷がたくさんある。
青梅はいいですよ。

ここは山の中の薪窯で焼くパン屋さん。
いつも売り切れですね。

c0156908_23002243.jpg

小さな丘の上の神社。
のどかですね。



c0156908_23002255.jpg

お寺では花祭り。

クリスマスより大切だと思うのだが。
ぼくの田舎の家にはお地蔵さんがいて、毎年花祭りをする。
お参りに来てくれた人にぼたもちをあげるのだ。

ハロウィンとかやってないでさ。
花祭りしよう。
このお寺では甘茶をいただいた。


今日のカス。
「どう考えてもきみの意見はおかしい」というカスは、どう考えてもといえるほど、なーんも考えていないだろう。
「批判するわけではないか」、いやいや批判する気まんまんでしょう。
「自慢するわけではないけれど」。
ウソこけカス。
自慢じゃんか。

このクソみたいな前置きはやめたらどうか。

という今日のひとこと。
瀬戸内寂聴でした。



by bbking1031 | 2018-04-16 23:13 | 写真と日記 | Comments(0)

チューリップ

c0156908_00081767.jpg



昭和記念公園。
チューリップしか撮らない。
でも2時間くらい、ひたすらシャッターを押す。
レンズはTAMRON 17-50mm F2.8 という、まあなんてことないようなレンズで、17mmスタートというのがピリッとしてます。
以前はPentaxの16-45mmというレンズを長く使っていたのですが、これ使いやすくて、16mmスタートがいいでしょ。
なんていっても、カメラに興味のない人にはどーでもいいよね。

広く撮りたい時は、果てしなく広く撮りたいわけです。
広く広く、自分の足元から背中辺りまで、360度広く撮りたい。
シグマ8-16mmというレンズもよく使ってました。
もう笑っちゃうくらい広く写る。
あまりに広いので構図もへちまもなくバチバチ撮る。
このレンズから逃れられる被写体はない。
視野の限界まで撮れるから、旅行の時は楽しいですね。
魚眼レンズのような風体をしていますが、魚眼ではない。
画面がフィッシュアイのように歪まない。
なんて書いてたら、このレンズ持って山か海に行きたくなってきた。


by bbking1031 | 2018-04-14 00:26 | 写真と日記 | Comments(0)

かたくなにかたくり

c0156908_07151920.jpg



c0156908_07151915.jpg


c0156908_07151861.jpg


c0156908_07151891.jpg


c0156908_07151688.jpg


c0156908_07151620.jpg


c0156908_07151650.jpg


c0156908_07151595.jpg


c0156908_07151524.jpg


c0156908_07151513.jpg

根っこから片栗粉ができますよ。
今はそんなことできませんから、片栗粉の原料は、現在ではジャガイモ。
でんぷんですから何からとってもいいようなものですが、食べても違いが分からない。

かたくりの歌は、釈超空の

片栗の花踏みしだかれて色あたらしこの山道を行きし人あり

というのは嘘で、ほんとうは

葛の花踏みしだかれて色あたらしこの山道を行きしひとあり

葛の花でどんなんだっけかなあ。
マメ科の多年草で、どこかの庭だか畑だかに生え広がっていたようなあいまいな記憶。

記憶も変質するし、思想も変節します。
昔、左翼で、今はネトウヨです。
小田実にはだまされたぜ。

西部邁を読んでます。
今まで読んだことなかったので。
彼が冥土にいったから、読んでみたい気がしてきたのだ。

まあ思想も哲学もどうでもいいですけど。
興味はないけど、すべては人の愚かさ。
人というやくざないきもの。
生きる目的がないと生きられないというやくざな生物。









by bbking1031 | 2018-04-07 08:21 | 写真と日記 | Comments(0)